ついにこのブログをSSL(https)に対応しました。かなり遅めの対応になってしまいましたが、重い腰をあげてようやくできたのでお伝えしておきます・・・!

もしこのブログをfeedlyで登録している方がいましたら、以下から再度登録お願いしますm(_ _)m

feedly登録はこちら

この記事では実際にWordPressのこのブログをSSLに対応するまでの流れをまとめておきたいと思いますので、まだやったことがない方の参考になればと思います。

ちなみにこのブログはさくらのレンタルサーバーを使っています。

スポンサーリンク

まずはサーバー管理画面からSSLを登録する

まずはブログをSSLに対応させるために、ブログで使っているサーバーの管理画面にログインします。

さくらの場合は管理画面の中に「ドメイン/SSL設定」というメニューがあるので、そちらをクリック。

サーバー管理画面からSSL設定

するとドメイン一覧が出てくるので、指定のドメインのSSL証明書の「登録」というボタンをクリックします。

無料SSLを選ぶ

無料SSL設定を選ぶ

さくらのレンタルサーバーは無料SSL証明書が発行できるので、そちらを使います。法人やECサイトの場合は有料の証明書が良いみたいですね。

無料SSLの設定へ進む、から画面を進めます。

ボタンを押せばひとまず設定完了

無料SSL設定

この画面に移ったら、無料SSLを設定するのボタンを押せば設定は完了です。

無料SSL設定の完了

設定が終わると、赤の文字で「無料SSL証明書の発行手続き中です・・・」というメッセージが出てくるので、終わるまで待ちましょう( ・∇・)

ただ発行するだけじゃSSL化は終わらない

SSL証明書が発行されると、自分のサイトを見てみるとこんな表示になります。

SSL化が終わっても、アドレスを確認してもまだ完了していない

https://というSSLの表示にはなっていますが、グリーンの鍵マークが表示されていないですよね。

主な原因としてはサイト内のリンクがhttpsになっていないのが原因なので、その点を修正していく必要があります。

プラグインを使って内部リンクを修正

内部リンクは確実に今までのhttpになっているので、httpからhttpsに書き換えをする必要があります。

かといって一つ一つ修正していくのは大変なので、プラグインを使って一気に修正します。

Search RegexというプラグインをWordPressのプラグイン設定画面からインストールして、設定画面を開きます。

Search Regexのプラグイン設定

設定を入力する

今回はブログ記事内の内部リンクを修正したいので、Sourceのところは「Post content」にしました。

次にSearch patternのところに、前のブログのURLを入力して、Replace patternのところにhttpsから始まるURLを入力します。

これで内部リンクをhttpからhttpsに書き換えることができます。

実際に実行前に下のResultsのところから、変更前と変更後の一覧が出てくるので実行前に一度内容を確認してください。

Replace&Saveを押して完了

間違いがなければ、Replace&Saveのボタンを押せば実行されます。

一度実行すると元に戻せなくなるので、事前にちゃんと確認してください。

head内の記述も同様にチェック

もしこの時点でアドレスバーに緑の鍵マークが出ていなかったら、まだhttpのアドレスが混在していることになります。

なので、サイトのhead内などに読み込んでいるCSSや外部ファイル(jQueryやJavaScriptなど)がhttpsになっているかもチェックしましょう。

このリンク修正が若干手間がかかるのがちょっと難点ですね・・・。

ちなみに外部サイトへのリンク(aタグ)については、httpのサイトにリンクを貼っていても問題はないです。

無事SSL化が完了して緑のマークが!

正しく完了してから、再度サイトを確認するとこんな風にアドレスバーが緑の表示になります。

緑のマークが表示されてSSL化が完了

これでひとまずSSL対応は完了できました。

HTTPからHTTPSに強制的にリダイレクトする

アドレスが変わったので、もし以前のhttpのURLにアクセスがあった場合はhttpsのURLにリダイレクトする必要があります。

.htaccessに以下のソースを入れることで実装可能です。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

参考:htaccessでHTTPSにリダイレクトする

SNSのシェア数はプラグインを使うと引き継ぎできる

httpからhttpsに変わると、アドレス自体が別のものと認識されるのでいままでSNSでシェアされた数がリセットされてしまいます。

今まで沢山シェアされたことのあるサイトだったりすると、ちょっと惜しいのでそういう時はプラグインを使うとシェア数を引き継ぐことができます。

このブログではSNS Count CacheというSNSのシェア数を取得してくれるプラグインを使って、シェア数を表示しているのですがこのプラグイン設定の中に

SNS Count Cacheでhttpのシェア数を引き継ぐ

HTTPからHTTPSへのスキーム移行モードという設定があるので、これを有効にするとシェア数を引き継いでくれます。

シェアボタンをオリジナルで表示している人は、すでにこのプラグインを使っている場合が多いと思うのでぜひ使ってみてください。

これからは最初からSSL対応がおすすめ

SSLは早めに対応をしよう

今後はSEOの面でもSSL対応が当たり前になってくると思うので、できることならサイトを立ち上げた段階でSSL対応させておいたほうが面倒な手間も省けると思います。

今は無料でSSL証明書を発行するレンタルサーバーも多いので、まだやってない方は試してみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです!