フリーランスのWebデザイナーをしていると時々「今やってる仕事が終わったら、次の案件がない。どうしよう(T_T)」みたいな状況になりませんか?

フリーランスは会社員とは違い毎月給料が保証されていないので、「仕事がない=収入ゼロ」を意味するのでシビアな悩みですよね。

    • いつも次の仕事が途切れないか不安・・・
    • 取引先が少なくてなかなか仕事が入ってこない

こんな悩みを持つフリーランスのWebデザイナーのあなたは、フリーランスWebデザイナー向けの案件・求人情報サイトを活用するのがおすすめです。新しい案件を探し続けるのってとにかく大変なので、専用のサイトをうまく活用すれば営業活動をせずに楽に仕事がゲットできますよ。

ちなみに今回ご紹介するのは求人サイトといっても、クラウドワークスなどのクラウドソーシングではありません。クラウドソーシングは全国から応募が来るのでライバルも多く、案件の単価も安めなので安定して稼ぎたい人には向かないと思います。

この記事では、しっかり稼ぎたいフリーランスWebデザイナーのあなたにおすすめの高単価な案件を多く扱っているサイトを3つだけ厳選してご紹介します。Webデザインの案件・求人をちゃんと扱っているサイトのみご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

フリーランスのWebデザイナーが、案件・求人情報サイトを使うべき理由

フリーランスのWebデザイナーが、案件・求人情報サイトを使うべき理由

フリーランスのWebデザイナーの営業や仕事の取り方は、直接依頼を受けたり、代理店や制作会社を通じて下請けする場合など、色々ありますよね。

でも1人でフリーランスで働いていると、なかなか条件に合う仕事を見つけたり、色々な問い合わせに対応する時間もとれないことも多いです。フリーランスは基本的に全ての業務をやらないといけないので、時間が足りないという悩みをよく聞きます。

もしあなたが仕事探しや営業が苦手なら、時間ばかりがかかって悪循環になってないでしょうか。仮に1つ仕事が見つかっても、この仕事が終わったらその後またどうしよう・・・と悩みは尽きません。

となると、仕事探しを一番早く解決するには「他の誰かに仕事を集めてもらう」と簡単ですよね。

そんなときに案件・求人情報サイトを利用すれば、案件は運営会社が集めてくれるので、あなたはどの案件を受けるかを考えれば良いだけです。これだとかなり精神的な負担が減るのではないでしょうか。

フリーランスのWebデザイナーは依存先を増やすことが大事

フリーランスのWebデザイナーとして生活していくために一番大切なことは「依存先を増やすこと」です。

自立とは依存先を増やすことだ。

という言葉があるように、依存先を増やすとフリーランスとしてもしっかり自立でき生活が安定します。依存という言葉を聞くと悪い印象をもってしまうかもしれませんが、今回の場合でいうと「仕事を提供してくれる人や企業」のことですね。

もし1つしか取引先がなかったとしたら、その関係が途切れた時点でアウトです。でもたくさんのつながりや仕事の取引先があれば、常に何かしらの話が舞い込んできますから「次の仕事どうしよう!」なんて悩むことが確実に減ります。

案件・求人情報サイトは登録するだけで依存先が増やせる

じゃあ依存先をいきなり増やそう!と思っても、そんな都合の良いつながりはなかなか見つからないという壁にもぶつかりますよね。

そんな時にフリーランスWebデザイナー向けの案件・求人サイトであれば、登録さえすれば簡単に依存先を増やせるんです。

「次の仕事そろそろ考えないと…」と思った時に、頼れるものが1つでも多くあればフリーランスとして安心して生活できるので、登録して損はないと思いますよ。

フリーランスのWebデザイナーとして生きていくには、あらゆるところから自分に合った仕事をいかに楽に見つけるかのアンテナを張る、ということが大事です。情報をうまく集められる人は、フリーランスで生きていけます。

フリーランスのWebデザイナー向け案件・求人情報サイトの特徴

フリーランスのWebデザイナー向け案件・求人情報サイトの特徴

フリーランス向けの案件・求人情報サイトの一番の特徴は「一定期間その会社に常駐して仕事をする」ケースが多いということです。

業務委託形態(フリーランス)での業務にはなりますが、企業コンプライアンスの関係でどうしても在宅で作業というのは難しい案件が多いようです。

「常駐で働く」ことのメリットとデメリットは以下のようなことが考えられます。

メリット

  • 高単価案件も多く、収入の見通しが立てやすい
  • 自宅作業とは違って、わからない点があった時に周りに相談がしやすい
  • 企業の大きな案件に関わるチャンスができる

デメリット

  • 勤務中は時間が拘束されるので、会社員と似たような生活になる
  • 他のフリーランス案件との掛け持ちがしにくい

メリット・デメリットどちらもありますが、フリーランス向けの案件であれば1ヶ月から数ヶ月単位のものが多いので例えば「1年のうち3ヶ月は常駐で働く」といったやり方もメリハリがあると思います。

Webの世界は技術がどんどん進んでいくので、一時的に企業に入って働くと新しい知識の吸収にもつながりますよ。またクラウドソーシングよりも応募は限定されるので、仕事を得やすいのも魅力のひとつですね。

短期間だけ企業にはいって仕事をすれば新鮮ですし、刺激ももらえます。ずっと1人で働いているよりも、時々は違った働き方を取り入れてみると新しい発見があると思いませんか?

【厳選】フリーランスのWebデザイナー向け案件・求人情報サイトはこの3つだけ

というわけで、実際にフリーランスのWebデザイナー向けの案件や求人情報を扱っているサイトを3つだけご紹介します。

エンジニアやプログラマーなどの案件しか扱っていないサイトについては今回ご紹介しませんので、フリーランスのWebデザイナーの方は興味があれば登録して仕事の幅を増やしてみてくださいね。

まずは各サイトにどんな案件があるかチェックだけしてみるのも良いと思います。

レバテッククリエイター

レバテッククリエイター

レバテック株式会社の運営するレバテッククリエイターは、Web・ゲーム業界の専門エージェントでフリーランス案件を多く取り扱っています。

ためしに「Webデザイナー」の案件で検索してみたところ35件該当しました(2018年8月現在)職種や使えるツールで検索できるので、探しやすいサイトです。

レバテッククリエイターのサイト

ギークスジョブ

ギークス株式会社

ギークス株式会社の運営するギークスジョブはWebデザイナー・ITエンジニアのための案件紹介サイトです。

2017年からフリーランス協会賛助会員となっているので、フリーランスへのサービス向上にも努めています。15年以上の実績があるので、サポート体制も充実。

試しに「デザイン」というキーワードで検索してみたところ130件該当しました(2018年8月現在)。アプリなどのUXデザインやLP・ECサイトのサイトデザイン・コーディングなど、色々な案件があるようなのでぜひチェックしてみてください。

ここがポイント
取引企業数3000社
大手企業や業界でも有名な企業の案件もあり
無料で利用可能


Midworks

midworks

株式会社Branding_Engineerの運営するMidworksは、フリーランスと正社員のいいとこ取りをした新しい働き方を提案しているサービスです。

正社員並みの保障つきで案件にとりかかれるといったメリットが特徴で、他にも例えば週に3回だけリモートで働くといった形態の仕事の仕方など、自分の希望する働き方に臨機応変に対応してくれます。

デザイナー向けの案件もあるのでフリーランスのWebデザイナーの方は狙い目ですよ。

ここがポイント
福利厚生などの保障つきで、安心して仕事に取りかかれる
業界初の長期発注で、長いスパンで安定した生活が送れる
週に2〜3回のリモートワークが可能なので、他の仕事との兼ね合いも取りやすい


フリーランスのWebデザイナーとして柔軟な働き方を手に入れよう

フリーランスのWebデザイナーとして柔軟な働き方を手に入れよう

フリーランスは収入が安定しにくい部分が大変ではありますが、自分で「どのように働くか」を決めることができるのが一番の魅力ですよね。

今回ご紹介したWebデザイナー向けの案件は、会社に入って業務委託として働くものが多いですが、自分の状況に合わせてうまく組み合わせながら仕事をすると「全然仕事がなくて困った・・・」という状況は避けられるので、収入も精神的にも安定しますよ。

フリーランスというと「自宅や自分の事務所で働く」といったことを考えがちですが、今回ご紹介したような働き方もありますので、ぜひ臨機応変に使い分けてみてください。

多くの悩みは行動に移すことで解決できますので、悩む前にすぐ行動!を心がけて楽しいフリーランス生活が送れるよう願っています。

今回ご紹介した案件・求人情報サイト