この記事では、転職したいWebデザイナーの方におすすめの転職サイトを3つだけご紹介します。

  • 現在Webデザイナーで、仕事内容や待遇面など理由があって転職したい方
  • 現在未経験だけど、どんなWebデザイナーの求人があるか気になる方

上記に当てはまる方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

転職サイトを使えばWebデザイナーとして働く悩みが解決できるかも

無料のサービスは活用しないと損!

Webデザイナーとして働いているあなたにはきっと悩みがたくさんあると思います。またこの記事を見ているので、おそらく色々な理由で転職を考えているはずです。

転職したいWebデザイナーの理由あるある

  • 仕事の内容が希望と違う
  • 給料が安いのに激務・残業が多い
  • 上司・同僚などの人間関係
  • 家から会社まで遠くて、毎日の行き帰りが大変

よくあるのが上にあげたようなものですね。Webデザイナーって楽でおしゃれなデスクワークだと思われやすいですが、実際働いてみると全然違いますよね・・・(T_T)

その悩み、同じ環境では解決しない可能性が

でもそういったあなたの悩みは、今いる環境のままだと解決しないかもしれません。

なぜならそういった仕事の悩みがすぐ解決されるような柔軟な会社であれば、すでにあなたは悩んでいないですよね?「いつか会社がわかってくれるかも、いつか状況が変わるかも…」なんて期待をしても期待はずれな結果になりやすいです。

一番の解決法は、その期待を捨てて思い切って転職すること。もちろん何か不満があるたびに転職するのは自分自身の成長にはつながりませんが、「今の環境では変えられない」ことが原因であれば、自分で環境を変えないと無理です。

転職すれば給与だって一気に増えるかも

仮に月2万給料が増えれば、年間24万増える

もし毎月の給料が月2万増えれば、単純計算で年間24万円増えます。年間24万増えるだけでも自由度は変わってきますよね。

今いる会社で急に毎月数万円給料を上げることはなかなか難しいと思いますが、転職すれば実現可能です。

もちろん、今の会社を続けることも正しい選択肢のひとつです。ただし時間には限りがあるので、どんな環境で働くかによって1年後・3年後にきっと大きな差が出てきます。

あとになって「もっとちゃんと考えておけばよかった(T_T)」と思っても遅いです。

今の時代はひとつの会社に長くいれば自然と給料が増えるといったことも少なく、年功序列制度もほぼ崩れているので、自分自身が行動に移して変わっていく必要があります。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトを使う時に、中には「転職エージェント」と呼ばれるものもありますが、聞いたことがない方も多いと思います。

事前に違いを知っておくと使い分けもできるので、ここで転職サイトと転職エージェントの違いを説明しておきますね。

転職サイトとは?

転職サイトというのは、主に求人を公開しているもので自分で好きな求人を見つけて応募するという流れが基本です。リクナビなどはまさに代表的な転職サイトですね。

基本的に転職サイトと呼ばれるものは、色々な職種の求人をまとめて掲載していることが多く、自分でその中から求人を探して応募するという流れになります。

転職エージェントとは?

転職エージェントというのは、転職活動をサポートしている会社のサービスです。具体的には一緒に仕事探しや履歴書の書き方・自己PRの方法などもサポートしてくれます。色々と相談できるのは転職活動をする上で安心ですよね。

また転職サイト同様に求人案件を多く扱っていますが、転職エージェントの場合は先に希望を伝えておいて、転職エージェント側から希望に合う求人をおすすめしてもらうという流れになります。もちろん自分から気になる求人を問い合わせることもできます。

また公開していない求人も扱っているケースもあるので「あの気になってた会社、求人出してたの!?」なんてこともあります。

このようなメリットがあるので、転職をする上では転職サイトの登録はおすすめです。

転職サイトと転職エージェントの使い分け

転職サイトと転職エージェントの違いは簡単に言うと上記の通りです。

この特徴を踏まえると「マイペースに自分で探したい人は転職サイト、おまかせしたい人・相談しながら探したい人は転職エージェント」を選ぶのが良いと思います。

転職エージェントなら、効率よく転職できる

転職サイトの中でも転職エージェントが特におすすめ!

私がおすすめするなら、一般的な転職サイトよりも転職エージェントが断然良いです。

その理由として、自分でやみくもに仕事を探すのは時間と労力がとてもかかって大変だからです。

自分で探して応募・面接を繰り返すと精神的につらい

自分で探してどこに応募するか決める一般的な転職サイトの場合、自分が納得するところが見つかるまで応募・面接を繰り返さないといけないので疲れますし、時間もかかるとそれだけ気持ちも焦って精神的にも悪循環です。

転職エージェントであれば、おすすめの求人を選んでくれますし、また自分でも気になる会社があれば事前にどういう会社なのかをエージェントを通して情報を聞くこともできます。

しかも無料で利用できるものなので、使ったからといって損することもないです。というわけで、転職活動をするなら転職エージェントが断然おすすめです。

【厳選】Webデザイナーにオススメの転職エージェント3つ

おすすめの転職エージェント

ではおすすめの転職エージェントを3つだけご紹介します。なぜ3つだけかというと、IT系の転職エージェントは色々あるんですが、そのほとんどがSE(システムエンジニア)向けだからです・・・。

Webデザイナーの転職をしたい人にとって、SE向けの仕事は希望と違うのでここではご紹介しません。Webデザイナーの求人をちゃんと扱っている転職エージェントのみご紹介します。

  • 転職・就職活動を1人でするのが不安
  • 提出書類の添削や面接対策など教えてほしい
  • 自分に合ったWebデザイナーの求人や企業を客観的に見つけたい

といった方はぜひここで紹介する転職エージェントをチェックしてください。すべて無料で利用できるので、安心して使えますよ。

おすすめ1. レバテックキャリア

レバレジーズ株式会社

レバレジーズ株式会社の運営するレバテックキャリアはIT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスです。

レバテックキャリアでの転職で年収が増えた事例もあります。首都圏や関西でクリエイティブ業界への転職を考えている人におすすめです。

ためしにWebデザイナーという条件だけで求人を検索してみたところ

レバテックキャリア2019年9月

166件が該当しました(2019年9月現在)。2019年4月の時点では142件ほどだったので、前よりも増えていますね。長期的に安定して求人数は確保されているようです。

ここがポイント
・IT/Web業界に特化した4000件を超える求人数
その人の志向性に合った求人を提案。年収290万アップの実績もあり。
無料で利用可能

おすすめ2. Webist(ウェビスト)

webist

株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営しているWebist(ウェビスト)はWeb業界に特化した転職・派遣紹介サービスです。

クリーク・アンド・リバー社は1990年設立のクリエイター・エージェンシーのパイオニアで東証一部上場[4763]もしています。

正社員だけでなく派遣や契約社員など、色々な雇用形態での求人が用意されています。

登録後は書類作成サポートや面接の対策など、就業支援サポートも受けられるので心強いと思いますよ。もちろん登録・紹介は無料でできます。

ここがポイント(サイトより引用)
Web業界に特化したエージェントがサポート
大手・有名企業の求人多数
スキルやキャリアイメージに合わせた就業支援

サイト内には簡単に紹介できるお仕事例が掲載されていますので、ぜひ参考にチェックしてみてください。Web業界に特化したサービスはあまり多くないのでぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

おすすめ3. Geekly(ギークリー)

geekly web転職おすすめサイト

株式会社ギークリーの運営するIT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービスです。経験・職種経験から多角的に分析してその人に合った求人をご紹介しています。

こちらはWebデザイナー(自社サービス)という条件で求人を検索したところ

ギークリー求人数

182件が該当しました(2019年9月現在)。こちらも前回確認した時と変わらない求人数を保っているようです。

ギークリーもWebデザイナーの求人を多く取り扱っているのでおすすめの転職エージェントです。

非公開求人も取り扱っているので、登録しないと紹介してもらえない求人もあるかと思います。

ここがポイント
・機械的なマッチングではなく、その人の適正を考えた求人をご紹介
・大手企業をを中心とした非公開求人数は2000以上と豊富な保有数
無料で利用可能

というわけで、おすすめのWebデザイナーの転職サービスはこの3つです。

未経験でもWebデザイナーに就職・転職できる?

転職したいWebデザイナーがすべきこと

中には未経験でWebデザイナーを目指している方も多いと思いますが、結論としては未経験でもWebデザイナーにはなれます。

ただし経験のある人と比べてしまうともちろん差がついてしまいます。となるとそれ以外のスキル面だったり、会社員として働く上でのコミュニケーション能力やアイデア力・提案力の高さなどを磨くと良いと思います。

・自分でWebサイトやWebサービスを作ってみる
・ブログやSNSで情報を発信してみる
・アプリやロゴのデザインを作ってみる
・アフィリエイトサイトを作ってみる

などの積極性があれば未経験でもWebデザイナーとして働ける可能性が高まります。

もしくはクラウドソーシングで単発の簡単な仕事からやっていって、少しでも経験を積むというのも良いですね。とにかく「未経験」という状態から脱するには、できそうな経験からこなしていくのが近道だと思います。

未経験だからといってすぐに諦めずにどんどんチャレンジしてみてください。

希望に合う会社に転職して、Webデザイナーとして楽しく仕事をしよう

希望に合う会社に転職して、Webデザイナーとして楽しく仕事をしよう

というわけで、Webデザイナー向けのおすすめ転職サイトを3つご紹介しました。

自分の希望する環境や条件に合う仕事をしたい時は、できるだけ選択肢を多くしておいたほうが希望に合うものが見つかりやすいですが、転職サイトや転職エージェントを利用すれば多くの求人情報を集められます。

自分の理想の環境は自分で作る

どうせ仕事をするなら、できるだけストレスなく働いたほうが自分のスキルも存分に発揮できます。悪循環になる前に、自分の身は自分で守るのが一番です。

転職をすると環境が変わるのでちょっと不安でしょうし、気後れするかもしれませんが、人間は基本的に慣れる生き物ですし少しでも理想の環境で働けばより居心地が良くなるスピードも早くなると思います。

なにより理想の環境にたどりつけるのは、実際に行動に移した人だけです。イヤな環境で愚痴を言ってるだけでは何も解決しません。

もし転職して結局うまくいかなかった・・・という場合でも、会社員ではなくてフリーランスで働くという手もありますので、自分の目指したい環境があるなら思い切って一度転職してみても良いのではないでしょうか。

転職エージェントは無料で使えるので、これからWebデザイナーとして転職する時はぜひ使ってみてください。色々とサポートを受けたり相談しながら転職活動ができますので、Webデザイナーの転職を成功させるために役立つと思いますよ。

Webデザイナーとして楽しく、もっと良い待遇・環境で働きたい人は、本格的に転職を検討してみてはいかがでしょうか。まずは行動に移して、あなたの理想を実現させてください。

今回ご紹介したオススメのWebデザイナー向け転職サイトまとめ

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

Webクリエイター求人「Webist」

株式会社ギークリー