日本語フォントの代表格「ゴシック体」と「明朝体」。最近は色々なフリーフォントも出ているので、バリエーションも豊かで見るだけでも楽しいですよね。

今回はゴシック体と明朝体の2つの書体について、具体的な特徴やどんな時に使えるのかをまとめてみました。

ゴシック体って何?明朝体って何?どう使い分けたらいいの?という方の疑問が解消されれば幸いです。

スポンサーリンク

ゴシック体とは?

ゴシック体の特徴

ゴシック体は全体的に動きが少なく、統一感がある雰囲気です。また丸みを帯びている印象も受けますね。

ゴシック体の大きな特徴はやはり文字の太さが均一という点だと思います。太さが均一の上に、飾りがない書体です。

シンプルな書体のため、ゴシック体は一般的に視認性が高い書体と言われています。

明朝体とは?

明朝体の特徴

筆で書いた字の特徴をそのまま受け継いだのが分かると思いますが、ゴシック体とは違って明朝体は線の太さに強弱があるのが大きな特徴です。

また「ウロコ」と呼ばれる、書き始めの部分に飾りがあります。洋書体の場合はこの飾り部分を「セリフ」と呼びます。

太さに強弱があり、飾りもあるため細かい表現がされている明朝体は、可読性が高い書体と言われています。

ゴシック体と明朝体を比べてみる

例としてよく使われている小塚ゴシックと小塚明朝で比べてみましょう。ひらがな・カタカナ・漢字でサンプルとして載せてみたいと思います。

小塚ゴシックと小塚明朝の見比べ

並べてみただけでも、それぞれの書体は見た目が全然違いますね。もう少し掘り下げて、具体的にそれぞれの書体を比べてみたいと思います。

それぞれの文字を重ねてみる

試しに重ねてみると、このように横線や線の終わりに違いが大きくあることが分かります。

重ねてみました。

文字を太くした時の違い

今度はそれぞれの文字を太くしてみたいと思います。

ゴシック体

小塚ゴシックを徐々に太く

ゴシック体は全体的に親近感を感じさせる、子供らしさがあります。太くするごとに、力強く元気な雰囲気が出ました。また線が太くなるにつれて、丸みが強くなったような印象を受けます。

明朝体

小塚明朝を徐々に太く

小塚明朝も同じように太くしてみました。細い線だと大人っぽい洗練された落ち着いた感じ、太い線だと太い部分と細い部分のギャップが大きくなり、少しポップで親近感を感じさせる印象を受けますね。

ひらがなは特に、太くなるにつれて丸みを帯びた感じがします。同じフォントでも太さを変えるだけで、見た目の印象が変わるのがよくわかると思います。

ゴシック体と明朝体、太さの違いを見たところで分かりやすく図にしてみました。

見た目の印象によるゴシック体・明朝体の使い分け

それぞれの文字で受ける印象の違い

一般的に2つの文字から受ける印象をまとめてみると

・強弱や動きのある文字(明朝体や筆文字)は、大人っぽい印象を受けやすい

・強弱や動きの少ない文字(ゴシック体)は、子供っぽい親近感のある印象を受けやすい

・文字が太くなると元気で力強くなる分、明朝体本来の特徴が薄くなる

・文字が細くなると落ち付いた印象を受けるため、親近感のあるゴシック体も少し洗練された印象を受ける。

といった違いがあるのかな、と思いました。

文字の大きさによる違い

また文字の大きさの違いによって、見た目の印象も変わってきます。大きくなるほど、元気で親近感を感じさせやすくなります。逆に落ち着いた感じにしたい場合は小さめの文字にすると良いと思います。

文字の大きさによる違い

ゴシック体の書体が活かされる例

ゴシック体は視認性の高い書体なので、こういった時に活用されています。

・文章の見出し、タイトル

・看板やポスターなど、短い文章のコピー(視認性を重視)

・インパクトや見やすさを重視する時

ゴシック体はある程度の太さがあって、はっきりと文字がわかるので比較的短い文章で使われるケースが多いですね。

長文の場合だと、Web上で使われている書体はゴシック体が多いですね。これはブラウザで表示する時の解像度などを考慮して、ゴシック体のほうが飾りのある明朝体よりも表現がしやすいといった理由があるようです。

明朝体の書体が活かされる例

逆に明朝体は、こういった時に活用されています。

・小説や雑誌・新聞などの比較的長い文章(可読性を重視)

・高級感や大人っぽさを表現する時

明朝体は文字が小さくても動きがあり読みやすい書体なので、小説などの長い文章や印刷物でよく使われています。印刷物であれば明朝体でもきれいに印刷できるので、解像度の心配がないですね。

また文字の雰囲気が、筆文字のような動きがあり品を感じるため、高級感や大人っぽい雰囲気を表現したい時にも明朝体が使われていることが多いです。

短い文章はゴシック体、長い文章は明朝体、と必ず決まっているわけではないですがそれぞれの特徴や使われる媒体に合わせて使い分けられているのがわかると思います。

ゴシック体・明朝体まとめ

ゴシック体・明朝体まとめ

同じ種類の文字でも、大きさや太さを変えるだけで印象ががらりと変わって、見る人に違った印象を与えることができます。

またゴシック体・明朝体それぞれの特徴を活かした使い方をすることで、より見る人にやさしいデザインが可能になりますね。

実際に色々フォントを使ってみたい!という方はフリーフォントをまとめたサイトをこの記事で紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

無料で使える日本語フリーフォント投稿サイト「FONTFREE」が便利

慣れないうちはまずは使ってみて、それぞれの違いをしっかり吸収しつつ自分なりの使い分け、ルール決めをしてみてはどうでしょうか。ヒントになれば幸いです!