WordPressのサイトを非公開にできるプラグインWP Maintenance Mode

WordPressのサイトを非公開にできるプラグインWP Maintenance Mode

WordPressでサイト製作中に「このサイトまだ公開はしたくないから見れないようにしておきたいな〜」と思ったことはないですか?

そんな時に簡単に実装できるWordPressのプラグイン「WP Maintenance Mode」をご紹介します。

スポンサーリンク

WP Maintenance Modeはどんなプラグイン?

WP Maintenance Modeは設定もほとんどせずにインストールと有効化をするだけで、簡単にサイトを非公開にすることができます。

しかもログインしているユーザーは見ることができるので、製作者にとっても便利なプラグインです。

WP Maintenance Modeの使い方

まずはインストール

まずWordPressのプラグイン>新規追加で「WP Maintenance Mode」というキーワードで検索して出てくるプラグインをインストールします。

インストールしたら有効化するのを忘れずに。

有効化したら、設定画面を見る

有効化すると、管理メニューの「設定」の中に「WP Maintenance Mode」というメニューができるので、そこから設定することができます。

WP Maintenance Mode設定

単純に「非公開にしておきたい」ということであれば、点線で囲っている「状態」のところを「有効化」するだけでサイトを非公開にできます。

管理画面にアクセス可能な権限、という項目では管理者以外で管理画面にアクセスしたい時に使用します。何も設定しなければ管理者のみ管理画面を閲覧できます。

フロントエンドにアクセス可能な権限、というのは閲覧ページを誰が見れるのかということなのでここも基本は何も設定しなくていいと思います。

非公開中の表示内容も設定できる

WP Maintenance Mode設定

またサイト非公開中になっている時に、サイト上にどんな表示をしたいかをデザインタブから設定することができます。

ここは記事を書く時と同じ容量でできるのでわかりやすいと思います。メンテナンス中です、とか何月に公開予定です、といった内容を書いておけばわかりやすいですね。

またモジュールタブではカウントダウンやSNSの設定もできます。

さくっとサイトを非公開にしたい時には簡単に設定できるので使えるプラグインだと思います。気になる方はぜひ使ってみてください^^

スポンサーリンク

SNS・feed登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です