ネットや新聞でちらほらニュースになってますが、来年の2018年の税制改革で所得税についての大きな変更を予定しているそうですね。

働く自分たちにとても関わりのあるニュースなので取り上げてみたいと思います。

サラリーマンは負担増、フリーランスは負担減に

こちらの記事に要約が書かれていましたのでご紹介。

「年収1000万円超の会社員」は増税方向で調整

来年の話なのですぐにどうこうというわけではないでしょうが、ざっくり言うと

  • 基礎控除が引き上げられる
  • 給与所得控除が引き下げられる

の2点が大きな変更点みたいですね。

あとは公的年金控除の縮小も検討されているようなので、年金もらってるけど他に収入がある人も負担が増えそうです。高齢でもちゃんと稼いでる人はもっと税金払って、ということでしょうか。

基礎控除(現在38万円)については、サラリーマン・フリーランスどちらにも適用される控除ですが、給与所得控除についてはフリーランスは適用外なので関係ないです。給与所得控除というのはサラリーマンにはこれだけ経費かかるでしょ、みたいなものを概算して給与から控除されるものですね。

つまりフリーランスは基礎控除の引き上げだけが適用されるので、結果的に所得税の負担が減るというわけです。

サラリーマンについては、例えば1000万以上の所得がある場合、220万円の控除が受けられるようですがこの控除額が下がるみたいです。ということは来年以降の税改革では高所得者のサラリーマンが一番の打撃ということになりますね。

基礎控除の増額分よりも、1000万以上の所得に対する控除の引き下げ額のほうが多くなる予定とのことなので高所得のサラリーマンの方にとってはショックなニュースだと思います。

フリーランスが働きやすくなる時代到来?

フリーランスが働きやすくなる時代到来?

実際にフリーランスに有利な税金面での改革があるのは、フリーランスをするようになった人が毎年どんどん増えているのもあると思います。

フリーランス向けの案件紹介サービスまで世の中に出てきているので、今後もっと需要が増えていくのは確実です。

クリエイティブ系の転職・求人サイトまとめ【デザイナー・エンジニア】

あとはもうすぐ消費税が増税されるので、その点のバランスも考えてのことでしょうか。なんでもかんでも税負担が増えたら大変ですからね。

フリーランスは自宅でも可能な働き方なので、介護とか育児とかその他もろもろの諸事情を抱えながらでもやりやすいですし、過労で亡くなったりする人も多い風潮を考えるとフリーランスを考える人が増えてくるのも無理はないです。

そんなこんなで来年以降は収入の多い方々は税負担が増える(特にサラリーマン)という流れになりそうですね。基礎控除がいくら引き上げになるのか気になるところです。

個人的にはフリーランスの立場として、納税者全てに適用される基礎控除の引き上げという税改革は賛成ですが、実際に詳細が決まってくるまでにまだ見えていないデメリットなどがないか注目していきたいと思います。

ではでは。