何かを続けたい時は、意味を深く考えるのはやめようという話

何かを続けたい時は、意味を深く考えるのはやめようという話

タイトルでもう完結してるんですけど、何か続けたいと思ってる人はまず深く考えるのはやめたほうが良いです。

例えばブログだったら、書いてる意味なんて深く考えたら、意味なんてないって結論になっちゃいます。そしたら辞めるしかなくなりますよね。つらい。

ブログを続けたい人は深く考えるのはやめて、頭を空っぽにして書きたいことを書くしかないです。ちなみにサムネイル画像を牛にしたのも特に意味はないです・・・

スポンサーリンク

意味を考える時はめんどくさい時・やめたい時

ブログに限らず「これってやってる意味あるの?」と、やる意味を考え込んでしまう時は単純にめんどくさい時・やめてしまいたい時が多いです。

正直この記事を書いている直前まで、「今日ブログ書くのめんどうだな・・・」と思ってました。仕事や用事を済ませてたら時間もなくなって、こんな時間になったら眠いし。ブログなんて後回しになっちゃいます。

そしておっくうになると、ついつい脳内で「無理して書く必要はないんだし、ていうか何のために書いてるんだっけ?」とまた意味探しをついついしてしまう。

意味を考えてしまう心理

自己体験から振り返ってみると、意味を考える時はこんな心理です。

意味あるの?→ない→意味がないならやめよう(やめる理由の自己確認)という感じ。何かを辞めるには自分を後押ししてくれる理由が欲しい、でも理由がないと今度は意味を考える、意味を考えると意味なんてないから、やめていいんだ、と自分で自分を許したいのかな〜と感じました。

でも平日はとりあえず書けそうなことをブログで書き続けてみようと思って実践中なので、気を取り直してこうやって記事を書いてます。もちろんそれに意味があるのか、なんて考え出すとまた負のループなので考えません。

意味を深く考えると、全てが消えてしまう

つまり「意味」を追求することは、全ての理由や目的を打ち消してしまう強力魔法です。

意味を深く考える時はネガティブな方向に突っ走ってることが多いと思います。じゃあもう意味なんてあれこれ考えないほうがいいですね。

でも思考がネガティブになるとついつい意味ばかり考えちゃいます。上にも書きましたけど、意味なんて考えすぎると「意味はない」となってしまうのでそこからは何も生まれない。

意味なんて考えすぎず、まずは動いてみる

意味なんて考えすぎず、まずは動いてみる

何かを続けたいと思った時は意味をあれこれ考えず、まずは手足を動かしてみる。

意味なんて後付けでどうとでも言えます。とりあえずやりたいこと、続けたいことがあるなら、どんどん動くしかないですね。頭で考えすぎず、まずはやってみる。

だらだらと書いちゃいましたが、言いたいことは1つだけ。意味を考えすぎることは、自分を悪い方向に引っ張ってしまうから気をつけないとな、と夜中にふと思ったのでそれを伝えたかっただけです。

みなさんも意味のアリ地獄には気をつけましょう。ではでは。

スポンサーリンク

SNS・feed登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です