WordPressの全記事のコメント欄をまとめて一括表示させる方法

WordPressの全記事のコメント欄をまとめて一括表示させる方法

最近このブログにDISQUSというサービスを使ってコメント欄を導入しました。

コメント欄は今まで非表示にしていたんですが「書き方間違ってるよ〜」とか「参考になった!」などコメントを残したい人のためにあると便利かなと思って表示させるにいたりました。スパムコメントを防止するためにログイン制度やakismet(スパム防止のプラグイン)を導入しています。

そんな導入時にちょっと困ったことがあったんですが、それがタイトルにも書いてあるコメント欄の一括表示についてです。

スポンサーリンク

設定画面からは変更できなかった

コメント欄を非表示にする時は、設定>ディスカッションの中に「新しい投稿へのコメントを許可する 」というチェック欄があるので、そのチェックを外せばうまくいきました(たしか)

今回表示させたいので、またチェックいれればいいのかなと思いきやうまくいかず。

記事をどれか開いて見てみると、個別記事のコメント設定は非表示のまま・・・これ1つずつ設定していくのはものすごく面倒。

データーベースを操作して一括変換できる

というわけで、どうやらデータベースを操作すれば全ての投稿をまとめて変更できるようです。参考にさせていただいたサイトはこちらです。

phpMyAdmin から SQLクエリを使って WordPressのデータベースを操作する

一括変換までの流れ

操作はログインさえできればあとは簡単な印象です

まずはphpMyAdminにログイン

WordPressはデータベースとしてMySQLを使ってますが、phpMyAdminという管理ツールを使うとブラウザ上からデータベースを操作できます。

phpMyAdminは使っているサーバーの管理画面からログインできることが多いです。データベースなどのメニューから入れると思います。

phpMyAdminにログインができたら、管理画面左側にあるメニューから対象のデーターベースの名前を選びましょう。

SQLタブで1行実行するだけ

あとは以下の画像のように、SQLのタブを選んで下にあるクエリを実行する欄で1行いれて実行するだけです。

データベースで一括変換

投稿している記事(post)のコメント欄を一括で表示させるには、以下のように記述します

UPDATE wp_posts SET comment_status='open' WHERE post_type='post';

wp_postsのところはこのブログではwp02_postsに変更しました。データベースの名前によって微妙に変える必要もありますが、phpMyAdminの画面左側にあるリスト一覧から名前は確認できます。

ちなみにcomment_statusをopenからcloseに書き換えて実行すると、逆に全てのコメント欄が非表示になります。

データベースを扱うのでくれぐれも操作には注意

このブログでは特に問題なく一括変更できましたが、データベースを扱うのでぐれぐれも操作には注意してください。バックアップをとるなど、万が一のトラブルに備えたほうが良いかと思います。

というわけでこの操作のおかげで、無事簡単にまとめてコメント表示が完了しました。

スポンサーリンク

SNS・feed登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です