Photoshopで画像などを開いて、ちょっと加工したいなと思った時になぜかクリックしても反応しないしなんで?( ;∀;)と思ったことはありませんか?

そういう時はおそらくレイヤーの名前を見てみると「背景」もしくは「インデックス」という名前になっていてロックの鍵マークも灰色で、メニューも使えないといった状態だと思います。

それはレイヤーを正しい方法でロック解除することで、通常通りに操作することができるんです。

今回は「背景」と出ている場合と、「インデックス」という名前になっている場合2パターンの解除方法をご説明します。

レイヤーが「背景」となっている時のロック解除方法

レイヤー名を確認

編集できないレイヤーが背景となってグレーの鍵マークがついているのを確認します。

このレイヤーをダブルクリックします。

背景と出ていて鍵マークも押せないロックされたレイヤー

新規レイヤー画面を表示

レイヤーをダブルクリックすると、新規レイヤーの画面が出てくるのでそのままOKボタンを押します。

レイヤー名など決めたい場合は、入力し直しても大丈夫です(あとからでもできるので、しなくても良いと思います)

レイヤーをダブルクリックすると画面が出てくるのでOKボタンを押す

ロックが解除され、編集できる状態になりました

OKボタンを押すと、鍵マークも消えてロックが解除されました。

これで通常通り編集することができます。基本クリックするだけなので簡単ですね。

鍵マークがなくなりロックが解除されました

レイヤーが「インデックス」となっている時のロック解除方法

レイヤ名を確認

レイヤーが画像のようにインデックスとなっている場合は、ダブルクリックでは解除できません。

インデックスというのは、カラーがインデックスカラーになっているという状態です。インデックスカラーというのは256色に色を抑えた表示方法のことです。

レイヤーがインデックスになっている場合

イメージからモードを変更する

上のメニューのイメージ>モードで、インデックスカラーが選ばれているのでそれを「RGBカラー」に変更してください。

モードの色を変更する

ロックが解除され、編集できる状態になりました

モードを変更することで、無事鍵のマークが消えてロックが解除されました。

もしこの時に「背景」というレイヤーになった場合は、今度は最初に伝えた方法の通り、ダブルクリックをして新規レイヤー画面が出るのでOKを押せば解除できます。

レイヤーのロックが解除されました

というわけでロックされた編集ができないレイヤーを解除する方法でした。

Photoshopを使っていて同じような状況になった時はぜひ試してみてください!豆知識ですが覚えておくと困った時に役立つと思います。