収入が増えると同時に税金の支払いも増えて大変ですよね〜( ;∀;)

実際に確定申告の時に計算すると「こんなに税金って払うの・・・」とびっくりしますが、毎年払うものであればできることなら節税したいものです。

かといって経費のために無理して大きな出費をするのも、無意味になってしまいそうで考えもの。フリーランスだと単純に経費とはいっても自分のお金がなくなるだけですからね・・・。何か節税につながるものをしておきたいなーと思っていた時に、始めたのが「ふるさと納税」です。

もう最近ではよく聞く言葉になったので、名前を知らない人は少ないと思いますが、ふるさと納税を実際に利用してみた感想もかねて書いてみたいと思います。

ふるさと納税について簡単におさらい

所得税や住民税などは、自分が住んでいる場所や仕事の拠点としている場所に通常税金を支払うことになります。

ふるさと納税を利用すると、場所関係なく自分の好きな自治体に「寄付」をすることができます。ふるさととは言っても、別に自分の住んでいる所だけでなく日本全国どこでも選べますよ。

ふるさと納税をするメリットとしては、翌年支払う所得税と住民税の金額が減るということですね。

年収や家族構成によってふるさと納税で節税になる限度額が変わるので、事前にチェックをした上で利用したほうが良いですが最大で「2000円だけの負担で、それ以外は控除対象になる」と言われています。

例えばふるさと納税で合計5万円の寄付をした場合は、2000円のみの負担で残り48,000円分が所得税と住民税から控除されるといった感じです。全員が同様に適用されるわけではないので、寄付する金額には気をつけてください。

還付と控除の目安

簡単な目安として、支払う住民税の2割が寄付金の限度のようなので目安として覚えておくといいと思います。

ふるさと納税は確定申告をして初めて控除される

納税をして、お礼の品をもらってフッフー!となっているだけだと、税金が減りません。

しっかり翌年に確定申告をして、寄付金分を控除してもらうよう申請をすることが必要になります。

ワンストップ特例という5つまでの自治体の寄付であれば、確定申告しなくても良いという制度ができたようですが、これは事前に申請しないと使えない制度なので、基本的にふるさと納税と確定申告はセットと覚えておいたほうが無難です。

寄付をすると、寄付をした自治体から「証明書」が送られてくるので大切にとっておきましょう。確定申告時に使います。

寄付としてお金を払うので、単純にお金の節約にはならない

確定申告をして控除を受ければ、所得税と住民税の額が減るので節税にはなりますが、ふるさと納税は寄付として実際にお金を払うので、手元に残るお金は結果減ります。なので単純にお金の節約になるかというと、答えはノーだと思います。

ただしっかりと限度額を把握すれば、2000円の負担でお礼の品も貰えて節税になると考えれば確かにお得ですよね。それに所得税や住民税を他の方法で減らそうと思ってもいろいろ限度があるので、ふるさと納税を利用して寄付分がほとんど控除に適用されるのは簡単で楽だと思います。

ふるさと納税はサイトから簡単に申し込みできる

ふるさと納税はインターネット上で簡単に申込が出来るので、役場や税務署に行くといった手間もなく利用のしさすさもポイントだと思います。ふるさと納税をする時はいつもここから申し込みをしています。

ふるさとチョイス

この「ふるさとチョイス」というサイトは、全国の自治体の最新情報がつまっていてこのサイト上からふるさと納税の申込をすることができます。実際に僕もここから申込をしました。

お礼の品も場所によってさまざまなので見ていて面白いです。

実際に過去に申し込んだことのある、2つの自治体とお礼の品を紹介したいと思います。

兵庫県 洲本市 淡路島産「畑の恵みセット」(野菜・果物等)

兵庫県 洲本市 淡路島産「畑の恵みセット」(野菜・果物等)

ふるさとチョイス 兵庫県 洲本市詳細ページ

違う土地の野菜を食べてみたいなーと思って気になったのが兵庫県洲本市の野菜セット。

あの有名な淡路島のたまねぎが食べられる!と興味を持って申込ました。

実際に届いた玉ねぎは20玉以上ダンボールに入って届いたのでびっくりしました。他にもいろいろな野菜が入っていて、すごくお得な感じがしました。玉ねぎはやっぱり有名なだけはあって、甘みもあってすごく美味しかったです。

あまり見かけない小ぶりで色の濃いかぼちゃも入っていたんですが、それが甘みが強くてホクホクしてて気に入りました。また頼んでもいいかな〜と思えるお礼の品でしたよ。

山形県 天童市 お米食べ比べセット 5キロ×3袋

すでにネット上には掲載されていなかったので画像で紹介できないですが、お米の食べ比べセットで違う3種類のお米のセットがお礼の品として出ていたので、こちらにも申込をしました。

違う品種の食べ比べなんて普段はできないので、寄付をしてみて正解でした!

5キロ×3袋だと、普通にスーパーで買ったら1袋1500円だとしても3袋で4500円ですよ。すごいお礼の品ですよね〜!

ちなみに山形県天童市はランキング上位になる人気の自治体のようです。天童市はお米以外にも、さくらんぼなどの果物や、将棋の駒作りとして有名の土地のようです。

ふるさと納税を通して、いろいろな土地の特徴も知ることができて勉強になります。

ふるさと納税は、しっかり吟味すれば負担金以上の価値がある

実質2000円の負担で、色々な返礼品がいただけるならそれだけでも十分お得ですよね。

何より違う土地で作ったものを食べることができるって、なんだか新鮮な気持ちになります。ふるさと納税の返礼品は野菜などの食べ物以外にも、植物だったりイベントのチケットや雑貨など種類も豊富です。

今年はまだしてないので、じっくり検討中。どこにするか選ぶだけでも迷いますが、いろいろな土地にふるさと納税という寄付を通してお金が届くのは、良い循環になっているように感じます。単純に住んでいる人口の多いところにお金が多く動くのではなく、魅力のある土地もぜひ活性化してほしいです。

最近は九州の災害が多いので、熊本や大分などの応援もかねて寄付するのも良さそうだな〜と思っています。

お礼の品で選んでいる人が大半だと思うので、そう考えると特産物がない土地などは圧倒的に不利になるのでは…?というのがふるさと納税の懸念点でしょうか。逆に自分たちの強みを出そうとするきっかけにもなるかもしれないので、この取り組みがプラスに動いてくれるといいなと思います。

まだふるさと納税をしたことがない人は、この機会にしてみてはいかがでしょうか。