初心者の人に超おすすめの本!デザインを楽しく学べる「なるほどデザイン」レビュー。

初心者の人に超おすすめの本!デザインを楽しく学べる「なるほどデザイン」レビュー。

「なるほどデザイン」という本は2015年に発売された本で、しかもベストセラーの人気本なのですでに知ってる人、購入してすでに読んでます!という人たくさんいると思いますが、今読んでも良い本だなと思うので紹介レビューを書きたいと思います。

デザインを勉強してる人は購入必須といってもいいぐらいのとても良い本です。デザイン上達したいよ〜〜〜って人にはもうぜひ読んでほしいです。

スポンサーリンク

なるほどデザインとは?

筒井美希さん著のこの本の表示にはこんな見出しが書かれています

「デザイン=楽しい」を実感できる!

デザイナーのあたまの中を豊富なビジュアルでひも解く

書かれている通り、本の中はビジュアル満載で「できるかぎりわかりやすく」というのが伝わってくるぐらいのわかりやすさです。

本の中身はこんな感じ

抜粋して本の目次(大見出し)をさらっと見てみると

Chapter1

編集×デザイン / 編集とデザインの関係 /デザインしてみよう

Chapter1では「朝ごはんを紹介する雑誌のページを作る」というテーマにそって、実際にラフからブラッシュアップして完成するまでを実例をもとに丁寧に説明されてます。

写真や図説などたくさんあるので、すごくわかりやすいです。どんな考え方をしてデザインを作っていくか、ということが流れをとおして理解できるようになっています。

ページ数をたっぷり使って説明されているので、なんか省略されててよくわからなかったということがなかったです。

Chapter2

デザイナーの7つ道具 / ダイジ度天秤 / スポットライト / 擬人化力 / 連想力 / 翻訳機 / 虫めがね / 愛

Chapter2では、デザインをする時のコツを筆者が実際に仕事を通じて覚えたことを「7つの道具」に例えて説明されています。

あれこれ専門用語ばかりを交えて説明するよりも、こうして何かに例えたほうがすごく理解しやすいなと思いました。説明もうまいけど、イラストや図を使っているからスーーーっと入ってきます。

デザインがうまくなるには何が大事なのかを知ることができますよ。

Chapter3

デザインの素 / 文字と組み / 言葉と文章 / 色 / 写真 / グラフとチャート

Chapter3ではデザインを構成する要素である「文字や色・写真など」について、ひとつずつ具体的にうまく使う方法や知識について説明しています。

なるほどデザイン抜粋

色に関する基礎知識もちゃんと抑えてます。

色をどう使うか、写真の構成や見せ方をよくするには、グラフをもっとわかりやすく見せるには、などヒントになる情報が満載です。

カラーで似たページがないから飽きない!

ビジュアル重視で説明されているだけあって、本の中はフルカラーで見やすい見た目になっています。

しかもこの本、全部で270ページぐらいあるんですよ?なのに全然飽きない!なぜかというと似たページがないんです。ページをめくるごとにレイアウトも工夫されてます。だから読んでも読んでも新しいことが覚えられるから、どんどん先を読みたくなる。すごく配慮された本だなと思いました。

なるほどデザイン抜粋

写真もたくさん使われているので「もう読むの飽きた・・・」みたいな気持ちにならず、時間を見つけてどんどん読みたくなる構成です。

これだけ内容盛りだくさんで、内容もわかりやすくてページ数も多いのに定価2,000円はすごく安いと思います。デザインの基本を知りたい人は、これ1冊買って読むだけでもかなりレベルアップ間違いなし。

基本的に初心者の方向けに書かれた本ですが、もちろん今デザイナーとしてばりばりやってる人にとってもデザインを振り返る意味でとても役立つと思います。

デザインがうまく上達できずに悩んでいる人の頭の中も、するするっと解きほぐしてくれるようなそんな配慮にあふれた本です。

まだ読んだことがない方はぜひ読んでみてください!この本「なるほどデザイン」は特におすすめです。というわけで本のレビューでした!

スポンサーリンク

SNS・feed登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です