ブログの更新をやめる三大あるある。対策を考えて、ブログを続けていくコツをつかもう。

ブログの更新をやめる三大あるある。対策を考えて、ブログを続けていくコツをつかもう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 887

    follow us in feedly

ブログをどうせ書くなら、沢山の人に読んでほしいと思う方も多いと思います。

だけどブログって挫折しがち。途中でやめたくなったり、実際にやめる方も多いと思います。実際にこのブログも一時期スランプで書いてない時がよくありました。

その理由と対策をいくつか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

1:書くことがなくなる

最初は張り切って書いていたけど、すぐに書くネタがなくなってしまってブログの更新がとまってしまう。

このテーマでブログを書くぞ!と思ってはいたものの、思っていたよりも自分の中に知識がなくて何も書けない。

やめてしまう理由として、書く内容がなくそのままフェードアウト。でもせっかく始めたのにすんなりやめてしまうのはもったいないですよね。自分自身も書くネタに困った経験はあるのでよくわかります。

書くことがない!と思ってしまう場合は、あまり力まずに身近な話題から書いてみてはどうでしょうか。僕も実はこのパターンで、書けなくなった時は「どうせこんなことみんな知ってるし」「大して役には立たないだろう」と、どんどんハードルを上げているうちに書けなくなりました。

不特定多数に見られるブログなので、ついつい立派な内容にしないと!と思ってしまいがちですが、自分のブログなので基本的には好きな内容で書いて良いと思います。何気ない日常の経験やノウハウが、誰かの役に立つということは多いにあるんですよね。

特定のテーマで書こうと思っている人は、少しだけ書く内容のカテゴリを広げて「これだったら色々書けそう」というものを見つけてみるのも良いですね。時々話題が脱線するぐらいのほうが、書くことに余裕もでてきて、ブログも続けやすいと思います。

2:時間がない

書くことはあるんだけど、1つの記事を書く時間がなくてついつい後回し。気がついたらやめていた・・・というケース。

気合いをいれた記事だと余計に時間がかかってしまうため、時間の確保も大変ですよね。

例えば文章を書くのに時間がかかってしまう、という場合は1回に書く分量を少なくして1つの記事を1週間かけて書くなど分割してみるのも良いですね。またライティング技術そのものを向上して、少しずつ早く書けるようになるのもおすすめです。

1日1時間しか書く時間が確保できない、という場合も同様に1日1時間の間でかける記事にするか、その1時間を積み重ねて記事を完成するのどちらかでしょうか。ブログで生計を立てている方は時間が確保できますが、そうじゃない場合はマイペースでも書き続けていくことが大切だと思います。

時間は作るもの。時間がない中でもブログを続けたい!という気持ちがあるのなら多少の工夫ができると良いですね。1日に長時間文章を書くのが苦手、という場合は1日10分でも良いのでとりかかるのをおすすめします。あとは「毎日この時間に書く」と固定化すると習慣がつくと思います。

3:やる気がなくなる

ブログ書くの、最初はやる気があったけど、アクセス数も増えないし楽しくないしで、やめてしまうパターン。よくありますよね。あこがれている人のブログはアクセス数がすごいのに、なんで自分のブログは誰にも読まれないんだ!と比べてしまったり。

ただブログというのは、書いた途端にアクセス数が増えるというのは有名人でもない限り無理だと思います。どんなに良い記事が書けたと思っても、他人はそう都合良く見てはくれません。

いきなり結果を求めるのではなく、まずは書く練習をすると思ってブログを続けてみるのも大事ではないでしょうか。記事の数が増えていくと、自然と検索でひっかかったり、SNSでシェアされる機会も増えてアクセス数も増えていきます。最初の頃はアクセス数など全く気にせず、とにかくブログを更新するということに集中したほうががっかりせずに済みます。

できるだけ早く色々な人に読んでほしいという場合は、SNSで自分からシェアしたり、検索されそうなキーワードを記事の中に盛り込んだり、単純に記事を書く以外の工夫も必要になってきます。あとは自分目線ではなく、いま求められている情報は何だろう、という視点で書くのもおすすめです。

ブログが読まれるコツは、気長に続けること

以上、三大あるあるの理由と対策を紹介してみましたが、どうでしょうか。きっと1つぐらい当てはまることがみなさんの中にもあると思います。

いつでも始められていつでも辞められるブログだからこそ、続けるというのは難しいことですよね。ただブログを続けることで、文章を書くスキルが磨かれたり、自分の意見をたくさんの人と共有したり、文章を読んでもらえる喜びを感じられたりというメリットもあります。

ただ「本当に今は書くのが苦痛!」というぐらいスランプになった時は、思い切って距離を置いてみることも良いと思います。しばらく休んだらまた書きたい気持ちが出てくるかもしれません。

せっかくブログを始めたのなら「続けてよかった!」と思えるように、書く内容・書く時間・書く気力の3つのバランスをおさえつつ気長に書いていけると良いですね。

ブログを続けるヒントになれば幸いです!

スポンサーリンク