前に書いた記事でイラレでハンコのような表現を作る方法を紹介したので、Photoshopではどうするのかも紹介したいと思います。

Adobeイラストレーターでグランジ(かすれ)を表現する方法

カンタンなので覚えていただけるとまたひとつ表現の幅が広がると思います。今回はマスクを使ったカンタンな方法を紹介しますので、ぜひ試してみてください。

1.アイコンなどを用意する

アイコンなどを用意する

ひとまず好きなアイコンやイラストを用意します。今回シルエットデザインさんの素材を使わせていただきました。最初に練習する時は丸のオブジェクトとかでも全然大丈夫です。

2.マスクをかける

その素材にマスクをかけていきます。

レイヤー画面の下にマスクのボタンがあるので、altを押しながらクリックしてください。

マスクボタンの場所

altを押しながらマスクをかけると全体が黒で塗りつぶされるので全て隠れます。

レイヤーにマスクをかける

3. ブラシを使って塗りつぶす

今は全体が見えない状態になっているので、ここから見せたい部分だけを塗っていきます。

通常設定されているブラシを使うともやっとした印象になってしまうので、かすれた感じを出しやすくするためにガサっとした感じのブラシに変更します。今回はブラシ>ドライメディアブラシ>木炭(ハードエッジ)を使います。

ブラシのサイズは10px以下ぐらいでなるべく小さめにして塗っていきます。そのほうが細かい調整が効きます。色は白にしておきましょう。マスクで白塗りしたところが浮かび上がる

こんな風に白く塗ったところが見えるようになってかすれた表現ができます。黒でかすれる部分を隠していく、という逆のやり方もありますが、見せたいところを塗っていくほうがやりやすいです。

マスクを使って白で塗りつぶしてかすれを作る

ところどころ塗り残しをわざと作りつつ、完成しました。マスクを使ってかすれを作ると、元の画像には影響を与えないのでやり直しもしやすいですよ。

色々覚えていくと表現の幅も広がって楽しいので、ぜひ試していただけると嬉しいです。