100人いたら1人に届けばいい、ぐらいの気持ちでブログを書いていきたい

100人いたら1人に届けばいい、ぐらいの気持ちでブログを書いていきたい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 903

    follow us in feedly

ブログをやっていると、たくさんの人に見てもらうとやっぱり嬉しいですよね。

ただそこだけを追いかけていくと、ブログを続けていくことがつらくなってきます。今回はブログを数年やってきて、思ったことについて書いてみます。

スポンサーリンク

最初はとにかくシェアされたくて必死だった

最初のころはアクセス数なんて全然なかったので、アクセス数を増やすことに集中してました。

ちょうどブログを始めた頃にはてなブックマークという存在を知りました。それまではなんとなく名前を知ってる程度でした。ブックマーク数が増えるとサイトに掲載されてアクセス数も増えるようなので、どんな記事がシェアされやすいのか、他の人のブログを色々見て、記事の書き方を工夫してみたり。

そんなこんなで、その時期に必死に書いた記事がたくさんシェアされることも何度かありました。とにかく最初の頃はいかにシェアされてアクセス数を稼げるか、みたいなことばかり考えてました。

ただそういう必死な方法ではなかなか続かず…

ハードルが上がって途中から書けなくなった

そうやって書いていくうちに、逆にだんだんと自分の中でブログに対するハードルが上がってしまい途中から書けなくなりました。

他の人が書いたブログを見て、みんなスキルがあってすごいなぁと落ち込むこともしばしば。書いている途中で「本当にこの記事意味があるのかな」と思ったりして消すこともありました。

書くからには読まれないと意味がない、といった気持ちが大きくなりすぎて自分にとってブログというものが苦手になってしまいました。

ブログに対する考え方を少しずつ切り替えた

そうやって途中から挫折気味になったこのブログでも、過去に書いた記事を色々な人が見てくれていました。時々シェアされた情報を見かけたりして、未だに見てくれているんだなぁ…ということをひしひしと感じたり。

そう思うと、せっかく始めたブログなんだからどうにかしてまた色々書いていきたいと思うようになりました。

ただ、前のような気持ちのままだとブログを続けることがすぐに嫌になりそうだったので、ちょっと考え方を改めました。

それがタイトルにも書いた「100人いたら1人に届けばいい」ということです。

読む人の気持ちは操作できない

たくさん読んでもらうために、書き方を工夫したり、写真を入れたりしてわかりやすくしたり、ブログの構造を変えたりなど、自分でできる工夫というのは確かにたくさんあります。もちろんそれは悪いことではないです。

でもどんなに工夫して頑張ったとしても、読む人がどう感じるかは読む人次第ですよね。

努力したからといって思い通りにはならない、ということがわかっていないとどうしても挫折感を味わいます。自分でできる工夫以外はどうにもならないので、とにかく書くことに集中。

まずはその余計な期待を捨てることからはじめました。

何も書かないより、何か書いたほうが気付きが増える

何も書かないより、何か書いたほうが気付きが増える

ブログを書くことで文章を書くスキルも上がりますが、自分の経験や考えた事に対して向き合う時間ができます。

ブログの面白さは自分自身との対峙ができること、でもあることに気付きました。決して「対ユーザー」だけではないんですよね。

思うようにアクセス数が増えなくても、自分の気づきや変化を感じることができるのなら、気づかず得ているものもあると思います。続けていくうちにまた違った視野が広がるのであれば、それが何かを見てみたいです。

そう思うと、結果的にもし100人いて1人が「役に立った!」と思ってくれればラッキー!ぐらいの気持ちでいたほうが、気楽に続けられそうですよね。

期待だけを大きくせず、伝えたいことが伝わる記事を書いていくことに集中するほうが大事だなと今は思います。

いまブログをやってる人も、すぐにやめてしまうのはもったいないので、続けていくモチベーションを保つ工夫ができればいいですね。あなたが書いたブログも、きっと誰かの役に立っていると思います。

スポンサーリンク