クリエイター系フリーランスは、文芸美術国民健康保険組合に入って健康保険料を節約!

クリエイター系フリーランスは、文芸美術国民健康保険組合に入って健康保険料を節約!

フリーランスをやっていると、いかに色々と支払う税金があるのかを思い知らされますよね。次々と色々な税金の支払いが押し寄せる日々。

支払うものが多すぎると、現実逃避でそのまま目を閉じたくなります(˘ω˘)スヤァ

そんなフリーランスの人のために役に立ちそうな、健康保険を節約する方法の紹介です。ちなみに加入は平成28年に済ませました。すでにちょっと時間が経過してますが、忘れないうちにメモしておきます。

知っておいて損はなしですよ!

スポンサーリンク

国民健康保険って、高い・・・!

 

フリーランスになると、国民健康保険に加入しますよね。ちなみに国民健康保険は前年の収入で決まります。

そして稼げば稼ぐほど支払額はどんどん増えるようなシステムになってます(上限はありますが)。所得割と均等割りの合算なので、結構な金額になるんですよこれが。

前年の収入が低かった、フリーランス1・2年目の時は、まだまだ保険料もすごく安くて全然気にするほどではなかったんですが、まともに稼ぎ出した3年目(2年目の確定申告)に驚きました。

その年の確定申告で申告した金額が(確定申告の所得欄)が約350万だったんですが、届いた健康保険料が年間40万円超えてました。1年で40万超え・・・毎年この額払うのって結構なダメージです。これに所得税とか住民税だってあるのに・・・。

ちなみに調べてみると僕が住んでいるところは全国的にも割と健康保険料が高めのところでした。住む地域によっても結構額が違ってくるので、申告する金額や地域でばらつきが出てきますが事前に計算していた予想額よりも高くてびっくり。びっくりというより、衝撃?

これは早めに対策しないと、ということで予防策として調べていたことに手をつけることにしました。

保険料が一律の保険組合に加入することができる

何の仕事をしているかにもよるんですが、業種によっては国民健康保険ではなく他の健康保険に加入することができます。

僕の場合は、文芸美術国民健康保険組合に適応する業種だったので今回この保険組合に加入することで保険料の節約をすることができました。

文芸美術国民健康保険組合

加入資格については以下のように書かれています

日本国内に住所を有し、文芸、美術及び著作活動に従事し、かつ、組合加盟の各団体の会員である者とその家族。

引用:文芸美術国民健康保険組合

この組合加盟の各団体の会員になることが必須条件になるので、各団体への加入も事前に必要になります。

結構この団体がたくさんあって、主なところでいうとイラストレーター・グラフィックデザイナー・Webデザイナー・コピーライター・漫画家などが加入できるものが多いです。他にいけばなとかもあったりするので、結構幅広いですね。

ちなみにこの保険組合のメリットとしては、国民健康保険のように去年の年収額に関係なく、保険料が毎月一定というところです。平成28年現在、毎月の支払額は19,600円(40歳以降は介護保険がプラス)となっています。だから稼いだからって保険料の通知にビクビクしなくて大丈夫です!

感覚的に年収300万を超えてくると、保険組合のほうが保険料が安くなるかなという印象ですね。

僕の場合は国民健康保険に入ったままだったら40万以上かかるのが、この文芸美術国民健康保険組合だと年間約24万で済みます。ざっくり半額ですね、かなり金額に差がありますので加入できる人はぜひおすすめです。

保険組合の場合、保険料以外に加入団体への出資金や会費などが別途かかりますが、それを加えて考えても加入したほうが安いです。ちなみに各団体への会費は年間数万円程度(2万〜)が多いと思います。

なにより毎月の保険料が一定というのが、安心にもつながりますよねー。

加入するのに最低1ヶ月はかかるので早めの手続きを

実際に加入が終わると、グリーンのシンプルな見た目の保険証が届きました。写真載せようかと思ったんですが、個人情報の部分を隠すとほんとただのノッペリしたカードになっちゃうので意味ないw かなりシンプルな作りです。

僕の場合は、国民健康保険の通知が5月過ぎにくるまで「実際の保険料の金額を見てから、どうするか決めよ・・・」とのんびり考えていたので、実際に届いた通知を見てびっくりして慌てて手続きをしました。実際に加入手続きをしようとすると1ヶ月は最低かかるので、早く動いておくべきでした。ずーん・・・・・・・

そのせいで加入手続きが完全に終わるまでは、高い国民健康保険料を数ヶ月分払うことになってしまって、それがちょっと痛かったです。早めに加入しておけば毎月19,600円で済んだのに・・・。

各団体への加入手続きが終わると、「あなたは団体に出資して加入しましたよ」といった証明書が送られてくるので、その証明書があって初めて保険組合に加入することができます。

あれこれ手続きしていると結構時間とられるので、国民健康保険がぐっと高くなる前に事前の手続きをすることをおすすめします。

来年は保険料いくらになるんだろう?という方は、市役所に問い合わせをすれば教えてくれるので、保険組合に入るのとどっちが保険料が安くなるのか調べておくのもいいですね。

国民健康保険が高くて困っているフリーランスの方で、該当する方はぜひ検討してみてください!

スポンサーリンク