カラースポイトに便利。カラーコードを取得できるMac標準ツール「Digital Color Meter」

カラースポイトに便利。カラーコードを取得できるMac標準ツール「Digital Color Meter」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 887

    follow us in feedly

カラースポイトはPhotoshopでもできるんですが、Photoshopを開いてない時でもカラーコードを取得できます。

しかもMacに標準でついてるツールを使えば簡単にできるのでご紹介したいと思います。

Macユーザーで使ってない人はぜひ使ってみてください!

スポンサーリンク

Digital Color Meterを選ぶ

Launchpad > その他 > の中にある「Digital Color Meter」というものをクリックします。

普段よく使う16進数の表示(#101010とか)にする場合は、表示>値を表示>16進数を選んでおきます。

digital color meterを選ぶ

必要なところでコマンド入力するだけ

「ここの色チェックしたいなー」というところにカーソルを持っていけば、ツール画面にその色が表示されます。

ちなみにRGBのところのそれぞれ下二桁が英数字になってますよね。その部分をくっつけた文字(画像の場合はCDAE4D)がその色のカラーコードです。

カラーコード画面

その部分で

Shift + Command + C

を押すとカラーコードがコピーされるので、自由に使えます。

Photoshopの場合は?

Photoshopでも好きな場所でカラーコードを取得できますので、メモ。

Photoshopのスポイトツールを開いて、カーソルがスポイトに変わったらPhotoshopの画面内でクリックしたままドラッグして色を取得したい場所までカーソルを移動させると取得できます。

知らなかった方はぜひ試してみてください。

というわけで、Macの標準ツールを使ってカラーコードを取得する方法でした。

スポンサーリンク