ブログ記事がたくさんシェアされると、いずれパクリ&無断転載の餌食になる件

ブログ記事がたくさんシェアされると、いずれパクリ&無断転載の餌食になる件

こんにちは、@nakafujiです。

ネット上のパクリ問題はよく耳にしますが、自分のブログはまぁコピペされるほどではないから大丈夫だろう〜と思っていましたが、実際にはそうではなかった話。

人気のあった記事で調べてみる

12色の色が与える印象について。配色に困った時のいろいろ。

ためしにこのブログでよくシェアされていた記事の一部のテキストを使って検索してみたところ

めっちゃパクられてる!!!!!

もう全部ここで公表しようかと思いましたが、とりあえず止めます。ぱくられたページの紹介をしても良いこと何もないし・・・。

中には、Webの制作会社やウェディングの会社のサイトもありました。全部同じ文章で引用もなくそのまま。会社なのに堂々とぱくれるのがすごい。

Web制作会社でまるまるコピーしたそこのあなた!自分が作ったサイトを、いつの間にか他の人に「私が作りました」なんて言われてたらすごい腹たちませんか!?

結局、軽く調べるだけでも10以上のサイトの餌食となっておりました。

パクリは人気のバロメーター?

超プラス思考で考えれば、シェアされたり検索でよく見られているからこそ、パクられたとも考えることもできます。

でも長い時間をかけて書いた記事がそのままコピーされて、さも自分で書いたかのように記事としてアップされるのは良い気分はしないですね。

パクられるというのはそれだけ目に止まった情報かもしれませんが、やっぱりだめです。

かといって、できる対策がない

かといって、書いた記事が他の人にぱくられないようにするのってWeb上では難しいですよね。

簡単にコピペできるWeb上の情報は、まさにコピペの巣窟、コピペのデパート。

右クリック禁止にしても、コマンドでコピーできるから意味ないし・・・。

無断転載パクリブログ事件のまとめ

Webクリエイターボックスさんでも同様な記事がありましたが、抵抗したり応酬するのもめんどくさい。なんでコピペする相手に時間を使わないといけないんだとも思ってしまいます。

企業については、とりあえずメールして削除をお願いしようかと思いますが個人っぽいサイトだとそんな対応も期待できないし。

こういうのって、どういう対策とか対応をすればいいんだろう?と悩みます。

根本的な解決策が見つからない。

自分の書いたものが参考にされたり、紹介や引用されるのはとても光栄なことですがその範疇を超えて「ぱくり」になってしまうと悲しいですね。

この程度のブログでも色んなところで餌食になっているので、みなさんもブログを書いていたら同様にぱくられているかもしれません。という注意を込めての記事でした。

関連記事を読む

ブログ記事がたくさんシェアされると、いずれパクリ&無断転載の餌食になる件

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]