見出しを使って自動で目次を作ってくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」が便利!

見出しを使って自動で目次を作ってくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」が便利!

このブログは不定期ながらも更新しているので、少しでも見やすくしていきたいなーと思っていたところ、他のブログで時々見かける目次って自動で挿入とかできるのかな?と思って調べてみると便利なプラグインがあったのでご紹介します。

多くの人が愛用しているプラグイン「Table of Contents Plus」

ブログは各記事に見出しをつけている人もたくさんいると思いますが(h2とかh3とか)、その設定を利用して自動で目次を作ってくれるプラグインがこの「Table of Contents Plus」です。

設定すれば今まで作った記事に自動で目次が入るので、導入も簡単ですよ。

1.まずはプラグインをインストールする

まずはプラグインをインストールする

まずは他のプラグインと同じようにWordPressの管理画面から、プラグイン>新規追加を選んでTable of Contents Plusという名前で検索してプラグインを探しましょう。

同名のプラグインが出てきたら「インストール」をクリック。これでインストールは完了するので「有効化」ボタンを押して、プラグインを使える状態にしましょう。

2.プラグインの設定をする

プラグインの設定をする

プラグインの有効化が終わったら、実際に設定していきます。

管理画面の設定>目次+という項目が追加されていると思うので、それを選びます。選ぶと設定画面が出てくるので見てみましょう。

基本設定の主に使う部分をご紹介します!

  • 「位置」・・・最初の見出しの前がデフォルトなので、このブログではそうしています。最初の見出しの前に、見出しを作らず導入となる文章を書いているブログも多いので、これが一番使い易いと思います。
  • 「表示条件」・・・いくつ以上見出しがある時に目次を出すかを設定できます。このブログではほとんどの記事に表示させたかったので、2にしましつぁ。
  • 「以下のコンテンツタイプを自動挿入」・・・ブログを使っている人は「post」を選んでおくと、記事に目次が入ります
  • 「見出しテキスト」・・・目次のタイトルや表示非表示にどういうテキストを表示させるか設定できます

3.上級者向けも必ずチェック

上級者向けも必ずチェック

基本設定が終わったらその下に「上級者向け」というテキストがあるので、それをクリックして設定画面を開きます。

特にその中でチェックしたいのが「見出しレベル」というところです。どの見出し要素を目次に使用するかをここで選ぶことができます。このブログではh3の見出しを目次にしたかったので、h3のみ選択しました。

4.目次が表示されるかブログをチェック

目次が表示されるかブログをチェック

設定が終わったら保存して、実際にブログをチェックしてみましょう。該当箇所に目次が表示されれば、設定は完了です!

最終更新が半年以上前なので、今後更新がない場合はまた別のプラグインを検討しようかと思いますが、簡単で使い易いのでおすすめです。見出しがつくことでページの内容が簡単に見る人に伝えることができるので、より見易い記事を目指している人は導入してみてはいかがでしょうか。

というわけで便利な目次を作れるプラグインの紹介でした!

関連記事を読む

見出しを使って自動で目次を作ってくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」が便利!

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]