【本のレビュー】これからはじめるSEO内部対策の教科書

1203
これからはじめるSEO内部対策の教科書

以前読んだ本ですが、感想を書くのを忘れてましたー!本屋で目立つところに置いていたので、きっと売れている本だろうと思って立ち読みしたらなかなか面白そうな内容だったので、買ってみた本です。

SEOって、色々な情報が出回ってますけどどの情報が有力なのか全然分かっていませんでした。そもそもこうすれば必ず上位になる、なんて方法があったらみんなやってますもんね。だけど基本的な知識だけは押さえておきたいなーと常々思っていました。何も知らないのに文句ばかり言ってもしょうがないので…。そんな自分にとってはとても目的に合致した本だったので、買って良かったです。

主な内容はこんな感じでした。SEOの基礎からちょっと先の具体的な対策まで、盛りだくさんですよ。

第1章 SEO内部対策の基本を知る

  • SEO対策は難しくない
  • アルゴリズムの進化
  • SEO対策の4つのフェーズ
  • 外部対策と内部対策
  • ソースコードの重要性
  • なぜソースコードの修正が必要なのか?
  • ソースコードエラーをなくしていく
  • ソースコードを見る

第2章 SEO効果のあるタグへ全面的に書き換える

  • 上位表示に必要なtitleの付け方を学ぼう
  • コンバージョン率UPのためにmeta descriptionを記述しよう
  • meta keywordsタグも念のため付けておこう
  • h1タグの上手な活用方法を学ぼう
  • h2~h6タグの正しい使い方を見直そう
  • ul、olタグを利用してキーワードに重みを付けよう
  • strongタグはこうやって使おう
  • centerタグを使って検索に引っ掛かりやすくしよう
  • imgタグの適切な使い方を学ぼう
  • リンクの最適な使い方を学ぼう
  • 悪いサイトの例と検証

第3章 ソースコード全体を徹底的に最適化する

  • ドキュメント宣言を記述しよう
  • headタグ内で必要・不必要の仕分けをしよう
  • 重要キーワードが重要位置にあるかチェックしよう
  • ページ内が適正な文字数・文字比率になるようチェックしよう
  • HTML内のぜい肉を落としスリム体質にしよう
  • 重要でないタグやキーワードを下方に移動させよう
  • Webサイトの森で迷わないためのパンくずリストを作成しよう
  • サイト内にサイトマップを作ろう
  • 内部リンクを張り巡らそう
  • ファイルサイズを縮小化しよう

第4章 修正したコードをチェックしてSEO最強体質にする

  • 美しいソースコードに修正しょう
  • URL正規化でバックリンク分散を回避しよう
  • 足を引っ張り合うミラーサイトをなくそう
  • SEO対策が正しく行われているかをチェックしよう
  • 上位表示に必要なURLの付け方を学ぼう
  • NGタグを撤廃・改善しよう
  • スパム(ペナルティ)について知ろう
  • 他サイトのCSSを見てみよう!

付録

  • XMLサイトマップを作ろう
  • サイト管理ツールを活用しよう
  • SEOお役立ちツールの紹介
  • よけいな不純物を取り除いたXHTMLソースコードの例

SEOはGoogleの仕様変更などで、今まで通用してたものが意味がなくなる可能性がありますが、作ったサイトを沢山の人に見てもらうために少なからず役立つ知識だと思います(鵜呑みにはできないですけど)。この本はわかりやすい表現で、ひとつひとつ説明されていたのですらすら読むことができました。検証してきたからこそ、説得力のある文章だったので納得する部分も多々ありました。タイトルひとつ、キーワードひとつとっても、なんとなーく設定するのと目的をもって計画を立てるのでは、全然結果が違うだろうなということをひしひしと感じます。

Webデザイナーではない人の中にも、自分でサイトを運営している自営業の方など、日々ホームページに関わっている方もいると思いますが、そんな方は一度読んでみると自分のサイトってまだまだ工夫できるところがあるかも!という気持ちになると思います。ひとつ知識をつけると、モノの見え方も変わってくるのでSEOに疎い方はぜひ一度読んでいただきたいです。

というわけで、「これからはじめるSEO内部対策の教科書」の書評でした:)

関連記事を読む

1203

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]