思わず行きたくなる!コンテンツの充実した観光サイト10選

思わず行きたくなる!コンテンツの充実した観光サイト10選

パソコンが熱暴走する今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。これからもっと暑くなるので体調にはくれぐれもお気をつけください!すでに夏休みシーズン、旅行に行く人も多いと思いますが、今回は思わず行きたくなるような観光サイトをまとめてみました。旅行に行けない人は、これを見て旅行気分を味わっていただけたらと思います(同じく行けません、ズーン)。ではどうぞー。

まいづる観光ネット

まいづる観光ネット

http://www.maizuru-kanko.net/pc/

京都の舞鶴観光サイト。写真を大きく使っていて、幅も広めにとっていて整頓されたレイアウトになっています。観光というと景色も大事な要素なので、写真を使った訴求効果って大事ですね。余白の取り方にも余裕があって、ひとつひとつのバナーも品良く作られていました。facebookページも頻繁に更新されていて、アピールしていこう!という気持ちをひしひしと感じます。右側にある舞鶴のロゴもポップでかわいいですね。

倉敷観光WEB

倉敷観光WEB

http://www.kurashiki-tabi.jp/

岡山県倉敷市の観光サイト。各メニューにカラーのアイコンが使用されていたりと、細かい部分にも気を配ったデザインになっています。倉敷の観光コースなど、色々なパターンで紹介されていたりとコンテンツにもオリジナル性があります。フォトコンテストなどの参加型コンテンツもあるので、更新頻度も高そうです。ヘッダーの淡いグリーンが海に面した自然豊かな土地柄を連想させ、見た目も爽やかです。

名古屋観光情報

名古屋観光情報

http://www.nagoya-info.jp/

愛知県名古屋市の観光サイト。背景の豪華な雰囲気は、名古屋で有名な名古屋城を連想させます。最初に表示されるページ上部に、名古屋について知ることができるメニューやバナーリンクがまとまっているので、はじめて見た人も見やすい印象を受けました。他のサイトもそうですが、観光サイトはヘッダー部分に外国語表示できるようにボタンがついていることが多いですね。

信州いいやま観光局

信州いいやま観光局

http://www.iiyama-ouendan.net/

長野県飯山市の観光サイト。このページトップにある、丸い写真がふわふわと流れていく動きがとてもゆったりとした印象を受けました。飯山って何があるんだろう?という人のために、下のほうにはたくさんの画像バナーを使ったコンテンツ紹介で観光情報をアピールしています。下のほう紹介されている「飯山旅々」というサイトのロゴが個人的に好きです。観光アピールに力を入れているなーと思わせてくれます。

おしい!広島県

おしい!広島県

http://oc-h.jp/

広島のお(い)しい情報を発信するサイト。今まで見てきた観光サイトとは一味違う、面白味のある構成になっています。写真を使ったメニューがページに沢山配置されていて、お好み焼きから湯気が出ていたり、厳島神社の鹿が動いてたり、細かい部分にまで目を引く仕掛けがあってオリジナル性があります。レモンは広島県が生産量日本一って知らなかった…

tokyobookmark

トーキョー☆ブックマーク

http://tokyobookmark.net/

東京の情報を網羅した観光サイト。旅行会社が協力しているのでホテルや新幹線の予約もできるようになっています。コースガイドのほかにも、地図から場所を選らんだり、エリア別に観光情報を調べたりできるので自分の必要な情報にたどりつけそうです。SNSと連携されたコンテンツもあるので、サイト内が常に新しい情報であふれている印象を受けました。

出雲観光ガイド

出雲観光ガイド

http://www.izumo-kankou.gr.jp/

島根県出雲市の観光ガイド。出雲といえば出雲大社、ということで他にも神社やお寺が紹介されています。こういう全国的に有名なものがある土地ってコンテンツとしてアピールするには強いですよね。他にもパワースポット巡りや、助けあい掲示板などもあるので地元の人だけが知ってるような情報も手に入りそうです。神社・お寺好きにはたまらないコンテンツだと思います。

美咲 黄福物語

美咲 黄福物語

http://misakikoufuku.com/

岡山県にある美咲町という町の観光サイト。黄福物語(MISAKI YELLOW HAPPY PROJECT)という町おこしのプロジェクトで、ジェラートやたまごかけごはんなどを商品開発しアピールしています。ジェラートがすごくおいしそうです、食べたい…。地方で町おこしをWEBを通じてアピールしているところも少ないので、とても面白いなーと思いました。ポップなイラストも目立っていて、わくわくさせるサイト構成になっています。そもそも美咲町っていう名前が綺麗ですよね。

恋する鳥羽

恋する鳥羽

http://www.koitoba.com/

三重県鳥羽市の観光サイト。上で紹介した「おしい!広島県」と同じような自由な構成になっています。単純によくある観光情報としてアピールするよりも、こんな風にひとつのテーマを決めてアピールしたほうが、人が興味を持ちやすいと思いました。見せ方って大事だなーと思わせてくれるサイトです。まるで旅行雑誌を見ているかのような、イラストや写真を多用した楽しい雰囲気になっています。

そうだ京都、行こう。

そうだ京都、行こう。

http://souda-kyoto.jp/

JR東海の京都観光サイト。季節ごとの特集ページやおすすめの散策コースなど、時期に応じてどこに行くのが良いかをすぐに知ることができて見やすいです。ブロック上に並んだサムネイル画像の配置は、最近良く見かけますね。MAPや散策コースはPDFも用意されているので、印刷して持ち歩くこともできたりと気配りがされています。キャンペーンで使用されるポスターもすごくかっこいいものが多いので、なにげなく注目しています。

おわりに

色々な観光サイトをたくさん見ましたが、レイアウトやデザインが似てるサイトが多かったです。ただ今回紹介したような個性的なサイトだとやはり目立つので、アピールにつながりやすいと思いました。観光は集客につなげることが目的だと思うので、サイトを見た人にいかにその土地に興味を持ってもらえるコンテンツを提供するかが大事ですね。今後も色々なテーマで、面白いサイト紹介ができたらと思います。それではー!

関連記事を読む

思わず行きたくなる!コンテンツの充実した観光サイト10選

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]