WordPressのサーバー引っ越しの手順まとめ。

WordPressのサーバー引っ越しの手順まとめ。

ブログのスマートフォン対応もとりあえず済んで、ようやく一安心。と思ったら、まだ前からやろうやろうと思っていたことが残っているのに気がつきました。そうですブログの引っ越しです。

今までミニムというレンタルサーバーを使っていたんですが、それとは別にさくらのレンタルサーバーも借りているので、どうせならさくらにまとめたほうが管理しやすいよね…とずっと思ってたんです。というわけで、今回はミニム→さくらへのサーバー移動となります。ちなみにドメインはムームードメインで取得しています。レンタルサーバーは違っても、どこもやり方は似ていると思うので、参考になればと思ってまとめておきます。

今回は、ドメインなどは変わらず、単純なサーバー移転の方法です。今使っているサーバーを旧サーバー、新しく移転するサーバーを新サーバーと書きますのでお間違えのないよう。

1.旧サーバーのWordPressのデータを、ローカル(PC)に保存する

旧サーバーのWordPressのデータを、ローカル(PC)に保存する

まずは今使っているサーバーの中にあるWordPressのデータを、まるごとローカルに保存します。まるごとなので「wp-admin」などがある階層から、全部選んでFTPでローカルに移します。

旧サーバーのWordPressのデータを、ローカル(PC)に保存する

ちなみにミニムの場合は、管理画面の中の「ファイルマネージャ」でzipファイルで圧縮してまとめてダウンロードすることができたので簡単でした。ファイル量が多いので、なるべく時間のかからない方法を選んだほうが良いと思います。

2.旧サーバーのデータベース(MySQL)をエクスポートする

旧サーバーのデータベース(MySQL)をエクスポートする

WordPressのデータのダウンロードが終わったら、次はデータベースをエクスポートします。使っている旧サーバーから、phpMyAdminにログインして使用しているデータベース名を選びます。データベース名を選んだら、上部にある「エクスポート」のタブを選びます。

旧サーバーのデータベース(MySQL)をエクスポートする

エクスポート画面が開いたら、該当するファイルを選びます。WordPress用に作ったものであれば、おそらく全部が必要だと思いますが、wp-config.phpのtable_prefixに設定してある名前が接尾語になっているファイルが該当するものです(このブログの場合はwp02でした)良くわからない時はwp-configをチェックしてください。全部該当するものであれば、上の写真のように「全選択」を押せば問題ないです。

必要なファイルを選択した後は、以下の点をチェックしてください

エクスポート画面のチェック1 エクスポート画面のチェック2 エクスポート画面のチェック3

すべてのチェックが終わったら、画面右下にある「実行」ボタンを押すとファイルがダウンロードできます。

3.ダウンロードしたWordPressの一部を書き換える

新サーバーで、新しくデータベースを作成します。作成が済んだら、1でダウンロードしたWordPressのファイルの中にある、wp-config.phpの一部を、新サーバー用に設定を変えます。

wp-configの内容を変更する

4.ローカルに保存してあるWordPressのデータを、新サーバーにアップロードする

設定が終わったら、新しいサーバーに1でダウンロードしたデータ(設定変更済み)をFTPでアップロードします。旧サーバーでは、ルート直下に「hwd」というフォルダを作り、そこにデータを入れていたので、新しいサーバーでも同じように「hwd」というフォルダを作りその中にアップロードしました。設置ディレクトリの状態は同じにしておくと失敗もないと思います。

5.新サーバーで、旧サーバーのデータベースをインポートする

データベースのインポート

新サーバーでデータベース(phpMyAdmin)にログインして、新しく作成したデータベース名を選択します。今度は上部にある「インポート」タブを選んで、2でエクスポートしたデータベース(zipファイル)をインポートします。エンコーディングへ変換するというチェック欄がある場合は、なし(non)にしておきましょう。

6.ドメインの設定をする

ネームサーバーの設定変更をする

すべての設定が終わったら、ドメインの設定を変更します。旧サーバーのドメイン設定を削除し、新サーバーでドメインを登録します。そのあと、ネームサーバーの設定変更をする必要があるので、取得しているドメインの管理先(今回はムームードメイン)で設定を変更します。このブログの場合は新サーバー(さくらインターネット)のネームサーバーに変更する必要があるので、プライマリを「ns1.dns.ne.jp」、セカンダリを「ns2.dns.ne.jp」にしました。

7.サイトが表示されるか確認

設定が反映されたら、サイトが表示されるか確認しましょう。このブログの場合は最初、wp-config.phpのDB_HOSTの部分をlocalhostのままにしてたんですが、エラーが出たので専用のアドレスに変えたら問題なく表示ができました。

まとめ

というわけで、ひととおりの流れをまとめてみました。実際にサーバーを引っ越ししてみて、思ったよりはすんなりと出来た感じでした(絶対泥沼にはまるんじゃないかと思ってひやひやしましたが)。引っ越しをしてみて、ブログの表示もちょっと早くなったのでやってみて良かったなーと思いました。この手の記事は、他のブログでも沢山分かりやすく書かれているので、ぜひ色々な記事をみて参考にしてみてください。それではー!!

関連記事を読む

WordPressのサーバー引っ越しの手順まとめ。

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]