Pocketボタンを導入したら使ってる人がすごく多かった件

Pocketボタンを導入したら使っている人が多かった件
Pocketボタンを導入したら使ってる人がすごく多かった件

最近ちょこちょこ話題になっているPocketというサービス。旧Read It Laterということでもともと認知度はあったサービスのようですね。アカウント登録すれば、スマートフォンでも使えるしブラウザ上で拡張機能として簡単に使えるようです。他のSNSボタンはシェアする目的がメインでしたが、これは個人的にあとで読むから登録しておこうかなー、という気軽な感じに使われてそうですね。

公式サイト http://getpocket.com/

詳しい登録方法や使用方法はGigazineに詳しく掲載されていましたので気になる方はチェックしてみてください。

気になるページを保存してあとで別のスマホなどからオフライン時にも読めるようにできる「Pocket」の使い方

実際に導入してみました

そんなに気軽に使えて人気のあるサービスなら試しにボタンを導入しておこうと思いたって、すぐにボタンをつけてみました。ぐぐってみたら、ちゃんとボタンを作れる専用ページが用意されてました。

http://getpocket.com/publisher/button
pocketボタンがここで作れる

Twitterなどと見た目は同じですね。種類を選んで下にあるコードをコピーして、貼り付けるだけです。

何気に沢山利用されてました

というわけで実際にいくつか今まで人気のあった記事をチェックしてみました。カッコ内が各記事のPocket利用人数です。こうしてみると既に利用してる人が多かったことが分かりますね。ボタンを設置してなくてもこれだけの数があるってことは、やっぱり気軽に使いやすいサービスなんだろうなということがうかがえます。たしかに「あとで読む」って気軽にできますよね、お気に入りにいれる感覚だし。シェアとかだと少し考えてしまいますけど。

配色が苦手な人は、イラストレーターの「カラーガイド」がおすすめ。(435)

イラストレーターでアイコンを作る時によく使う機能いろいろ。(329)

複数の色を使うときにバランスよく配色する方法(608)

少しの手間で見栄えが良くなる!Photoshopで使える簡単テクまとめ。(533)

12色の色が与える印象について。配色に困った時のいろいろ。(491)

記事一覧でも表示させるときはちょっとコード追記すれば出来るようです

ちなみに、各記事(WordPressでいえばSingleページ)にボタンを設置する場合は単純にコードを貼り付ければ大丈夫ですが、記事一覧の場合だとただ貼り付けるだけだと数字がおかしなことになります。自分がやったときは全部同じ数字が表示されてました。各記事の数値を取得しないといけないので、ちょっとコードを追記する必要があるようです。

調べてみたらこちらのブログの記事がとても参考になりました。

【Pocket】ボタンをトップページなどの一覧ページに貼る方法

WordPressの場合はdata-save-url=”<?php the_permalink();?>”というコードを<a>タグの中に追記してあげるとちゃんと取得できるようですね。配置位置やボタンの形もコードで指定できるようなので、状況に応じて使い分けてください。

というわけで、Pocketボタン導入のお知らせもかねて記事にしてみました。それではー!!

関連記事を読む

Pocketボタンを導入したら使っている人が多かった件

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]