実際にこのブログに導入するまで、こんなに人気があったことを知りませんでしたがPocket(ポケット)というソーシャルサービスは人気なのでブログに設定してないよという方がいたらぜひ設置することをおすすめします。

今回はPocketというソーシャルサービスの紹介と、ソーシャルボタンの設置の仕方を書いておきたいと思います。

Pocketってなんぞや

Pocketというサービスは旧Read It Laterということでもともと認知度はあったサービスのようです。知らなかった自分はただの無知な人間です、すいません・・・。

アカウント登録すれば、スマートフォンでも使えるしブラウザ上で拡張機能として簡単に使える人気のサービスです。他のSNSボタンはシェアする目的がメインでしたが、これは個人的にあとで読むから登録しておこうかな、と気軽な感じに使うことができます。

Pocketボタンを設置する方法

http://getpocket.com/

専用ページからコードを取得するだけ

そんなに気軽に使えて人気のあるサービスなら試しにボタンを導入しておこうと思いたって、すぐにボタンをつけてみました。

以下のページからソーシャルボタンを作ることができます。

http://getpocket.com/publisher/button

pocketボタンのコード取得

希望のボタンデザインを選んで、下に出てくるコードをコピーして任意の場所に貼り付けるだけです。

導入自体は簡単なのですぐにできると思います!

記事一覧でも表示させるときはコード追記が必要

ちなみに、各記事(WordPressでいえばSingleページ)にボタンを設置する場合は単純にコードを貼り付ければ大丈夫ですが、記事一覧の場合だとただ貼り付けるだけだと数字がおかしなことになります。

自分がやったときは全部同じ数字が表示されてました。各記事の数値を取得しないといけないので、ちょっとコードを追記する必要があります。

WordPressの場合は

data-save-url="<?php the_permalink();?>"

というコードをさきほど取得した<a>タグの中に追記してあげるとちゃんと取得できるようです。

実際に導入してみると利用度がすごかった

Pocketボタンを導入してみて気づいたのは、Pocketの利用度がすごい!!ということです。

この記事なんかはPocketのブックマーク数が800超えてました。

高級感のある配色やデザインを作るコツまとめ

ボタンつけてなかったのに、他にもアクセス数の多い記事は数百とかブックマーク数がついていたので、Pocketでブクマしている人は沢山いたんだなぁということに導入して初めて気づく始末です・・・。

利用度の高いソーシャルサービスはブログに導入したほうが、より読まれるブログになると思うのでぜひ導入してみてください!(^^)