イラストレーターのアピアランス機能についておさらい

イラストレーターのアピアランス機能についておさらい
イラストレーターのアピアランス機能についておさらい

最近ちらほらとイラストレーターのアピアランス機能に関する記事を見かけるので、このブログでも取り上げてみたいと思います。イラストレーターを使い始めたころをふと思い出すと、アピアランス機能なんて全く使ってませんでした。でも実際に機能を知ると、複数のオブジェクトを作らずに色々な設定が出来るので便利だなーと感動したのを覚えています。同じくアピアランス機能って全然使ってないという方は、ここで基礎的な使い方をおさらいしますのでぜひ覚えてもらえると嬉しいです:)

アピアランス機能ってこんな感じ

アピアランスは名前の通り外観に関する機能で、構造は変わらずに見た目を変えることができるという便利なものです。指定したオブジェクトの線・塗り・透明度・効果を変更、追加することができるので意外と色々なことができたりします。一番良く使うのは以下の画像のようなフチ文字だと思います。では簡単なフチ文字からさっそく作ってみましょう。

1.文字を配置して、塗りと線をナシにする(ここでは黒塗りで表示させてます)
文字を配置する

2.文字を選んだら、アピアランスパネルを開いて新規線or塗りをクリックする
※円や四角形などのオブジェクトの場合は、最初から線と塗りが表示されています文字を選んだら、アピアランスパネルを開いて新規線or塗りをクリックする

3.塗りと線の色を設定する
塗りと線の色を設定する

4.アピアランスパネルの中の線を塗りの下にドラッグで移動させる
アピアランスパネルの中の線を塗りの下にドラッグで移動させる

5.線の太さを調整して完成
線の太さを調整して完成

補足)グラデーションなども出来ます。
グラデーションなどもできます。

アピアランスパネルでフチ文字を作れば1つのテキストだけで出来るので楽ですね。構造としては塗りの下に線がくるので、文字がつぶれないといった感じでしょうか。そして「この設定は良く使い回ししそうだなー」と思ったものはグラフィックスタイルとして登録することができます。アピアランスパネルの設定が終わったら、左上にあるサムネイルをグラフィックスタイルパネルにドラッグして移動すれば簡単に登録することができて、後で使いまわしもできます。
スタイル登録することも可能です

変形したり、重ねたり、移動させたり、結構自由自在

と、ここまでは良く使いますが他にも色々できます。アピアランスパネル内で色々な効果をつけることができるので、使い方次第で応用が効きます。

とりあえず丸を配置してみます。
丸を配置してみました

丸のオブジェクトを選んだら、アピアランスパネルで新規塗りを追加します。
新規塗りを追加する

塗りを一番下にドラッグで移動させたら、その塗りを選んだ状態で下にある新規効果を追加をクリック。
新規塗りを追加したら、効果を追加する。

今回は試しに緑の塗りを移動させてみます。新規効果を追加>パスの変形>変形を選んで、移動の数値を変更すると下の画像のようにオブジェクトを重ねたような結果になります。実際は丸のオブジェクトひとつですが、アピアランスパネルで塗りを重ねて移動させるだけで影のような表現になります。パスの変形を使って移動させます。

効果には種類が沢山あるので、他にもぼかしを入れたりもできます。ぼかしを入れたり、色々な効果が使えます。

効果の中にある「形状に変換」を使えば、四角に変えたりもできます。オブジェクトのパス自体はもともとの丸ですが、見た目だけが四角に変わっている状態になっています。
変形もできます

ちなみにそれぞれの線や塗りで設定した内容はalt(option)+ドラッグでコピーができます。alt(option)を使わずにドラッグすると、設定が移動します。設定のコピー・移動もできる

反射文字も簡単に作れます。パスの変形でリフレクトを使っているだけです。
反射文字も簡単に作れます

というわけでこのぐらいアピアランス機能について覚えておくと、色々使えることも増えると思います。いろんな効果を組み合わせて使えば文字の装飾にも役立ちそうですね。

Illustrator Maniaというサイトでもアピアランス機能を使ったテキストエフェクトも紹介されていました。すごくこだわったエフェクトが掲載されていたのでぜひチェックしてみてください!
Illustratorのアピアランス機能で作られたPhotoshopのレイヤースタイル的なテキストエフェクト素材

やり方は色々あると思うので、まずは簡単なフチ文字から練習するとアピアランス機能についてなんとなく分かってくると思います。というわけでアピアランス機能についての簡単なおさらいでした。慣れない方もぜひ練習してみてください:)それではー!!

関連記事を読む

イラストレーターのアピアランス機能についておさらい

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]