Photoshopでテキストを水彩風にする方法。

Photoshopでテキストを水彩風にする方法。

Photoshopは色々な機能がついていてややこしいですが、簡単な機能でもいろいろできるという意味もこめてご紹介しますー。手作業っぽい部分が多いので、タイトルなどの文字周りに使える方法だと思います。

1.文字を配置する

とりあえず好きな文字を配置します。今回は水彩風に似合うタイトルを使ってみます。

文字を配置する

2.文字の上に着色する

文字の上に新規レイヤーを作り、そこにブラシで色をつけます。ブラシはウエットメディアブラシの水彩などを使い、不透明度や流量を少なめにして重ねるように塗ると良いです。ムラがある感じにしたほうが、水彩らしさが出ますよ。

文字の上に着色する

3.クリッピングマスクをする

着色が終わったら、文字の部分にだけ着色されるようにします。レイヤーパネル上で、テキストと着色したレイヤーの間をalt(option)+クリックでクリッピングマスクをします。これで文字部分だけに着色がされました。

クリッピングマスクをする

4.文字を白に変更する

いまの段階では文字が黒のままなので、上に重ねた着色レイヤーの不透明度が低い部分が微妙に黒が透けてしまいます。テキストをこの段階で白に変えておきましょう。

テキストを白に変える

5.指先ツールを使ってにじみを作る

このままだと文字がきっちりしすぎているので、指先ツールを使ってにじみを作ります。テキストをラスタライズして画像化したら、指先ツールを使って文字のフチを部分的になぞるようにします。にじみの強さは20%~30%ぐらいですると、適度なにじみが作りやすいです。

指先ツールを使ってにじみを作る

6.消しゴムツールで部分的に消す

さらに色にムラを出すために、消しゴムツールを使って部分的に薄くします。ラスタライズした文字のレイヤーを選んだ状態で、消しゴムツール(水彩ブラシ)を使って部分的に消してあげてください。不透明度や流量の数値は低めにしたほうが微妙な加減がしやすいです。

消しゴムツールで部分的に消す

7.背景にテクスチャをおくとよりリアルに

背景に紙素材などを配置し、文字のレイヤーを焼き込み(リニア)にすると素材になじんだ感じになりよりリアルになります。今回使用した紙素材はコチラ

背景にテクスチャをおくとよりリアルに

ちょっとした手間で面白い効果ができるので、ぜひ試してみてください!それではー!!

関連記事を読む

Photoshopでテキストを水彩風にする方法。

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]