WebデザインにFireworksを使ってみたときの感想。

WebデザインにFireworksを使ってみたときの感想。
WebデザインにFireworksを使ってみたときの感想。

今までPhotoshopやらを使ってサイトのデザインをしていたんですけど、Fireworksを使ってサイトデザインをする必要があったのでクラウドサービスを使ってFireworksをインストールして実際に使ってみました。やっぱりサイト製作に特化しているだけあって、使いやすいですねー。というわけで良かったと思うポイントをあげてみました。

1.ページ機能で1つのファイルにまとめられる

サイト製作となると複数ページに渡って作る必要が出てきますが、Fireworksにはページ機能がついているので1つのファイルの中に複数のページを格納することができます。あまりにページ数が多いと、データサイズが大きくなってしまいますが、それぞれのページに分けて書き出すこともできるので、使い分けもできます。

2.マスターページ機能が便利

ヘッダーなどは全てのページに共通する部分なので、共有できたら便利なのにーと思ったらやはりFwには便利な機能が。ヘッダー部分をマスターページに設定すれば、全てのページにヘッダーが表示されるようになります。変更する場合も、マスターページのデータを変更すれば自動的に全てのページが更新されるので楽ですねー。

マスターページ機能が便利

3.ビットマップもベクターも使える

まさしくPhotoshopとIllustratorを足して2で割った感じで、写真データもパスデータも難なく使えます。パスの機能(結合)とかも、イラレ並に機能がそろっているので便利でした。もちろん写真データはPhotoshop、パスデータはIllustratorが特化しているので必要に応じて使い分けるほうが便利だとは思いますが簡単な作業だったらFireworksだけで良いかなーという感じがしました。

ビットマップもベクターも使える

4.画像スライスが簡単

特定のオブジェクトを選んで長方形スライスを挿入を選べば、スライスを作ることができます。書き出すのも一括してできるので簡単です。

画像スライスが簡単

5.マウスホバーも確認できる

最初に作ったページは、ステート1に格納されていますがステート1を複製してステート2を作りマウスホバー時のデザインも作ることができます(1つのページの中に2つのレイヤーがある感じ)。シンプルロールオーバービヘイビアーを追加すれば、マウスホバー時のプレビューも見ることができるので便利だなーと思いました。

マウスホバーも確認できる

というわけでざっとあげただけでも、サイト製作に特化しているのが分かると思います。あとはCS6の新機能でオブジェクトからCSS3のコード抽出ができたりしますね。進化はとまらない…!最初にさわっただけでも便利な基本機能が色々あったので、これから使いこなして色々紹介できたらなーと思います。それではー!!

関連記事を読む

NO CONTENTS

WebデザインにFireworksを使ってみたときの感想。

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]