イラストレーターに慣れない頃、最初は全部1個1個ボタンやメニューを選んで操作して、少し慣れてきた頃使えそうなショートカットを覚えつつ、というパターンが多いと思いますが、まだまだ使っていないショートカットも色々あると思います。

今回はそんなイラストレーターでよく使いそうなショートカットキーをまとめました。中には自分自身も知らなかったものもありました・・・。あまりショートカット使ってないのでこれから覚えたい、という人にもおすすめの記事です。

ズーム

ズーム

ズームを覚えると細かい作業もやりやすくなるので、ぜひ使いたいですね。

ショートカットを使えば切り替えも早いのでおすすめ。イラレを使ってると拡大してパスをごにょごにょ調整したりとかは良くあるので、覚えておくと便利だと思います。

描画

描画

図形作成中に移動ができるなんて知らなかった・・・いっつも作った後に移動させてました( ´_ゝ`)

ブラシの拡大縮小はphotoshopでも同じなので、良く使うショートカットですね。photoshopのほうがブラシを使う機会が多いと思います。

選択時に使用

選択時に使用

選択ツールの切り替えは覚えておくと、いちいちボタンを押さなくて良いので楽ですね。トリムマークもショートカットがあるなんて知らなかったー。でも一応winだけ設定されているようです。

背面を選ぶ時

背面にあるオブジェクトを選ぶ時は、ctrl(command)で解決できます。

なんか微妙に重なってると選びづらかったりしますよね。2回クリックは、ダブルクリックのように早くするんじゃなくて、カチ、カチという感じにクリックすれば出来ますよ。カーソルに独特の小さいマークが付くので分かると思います

パスの編集

パスの編集

alt(option)だけ覚えておけば、パスの操作が大分楽になります。

パスを使うとどうしてもクリックする回数が増えるので、ショートカットと合わせて使うことで手の疲れも軽減できるかもしれませんね。両手を使うことで更に手が疲れるという場合もあるかもしれませんけどね( ´_ゝ`)

色塗りに関すること

色塗りに関すること

このあたりもいちいちクリックで切り替えるよりも、良く使うものはショートカットを使ったほうが楽になりますね。

レイヤー操作

レイヤー操作

基本的なところだと、この2つぐらいを覚えておけば良いのではないかと。まとめて操作できれば余計な時間を使わずに済みますね。

ショートカットは自分で作ることもできる

というわけで、実際の作業で使えそうなものをまとめてみました。

ちなみにショートカットは自分でカスタマイズすることもできますが、まずはデフォルトのショートカットを覚えて作業効率をアップできればと思います。

自分でオリジナルのショートカットを設定をしたい時は、編集>キーボードショートカットから自由に決められますのでやってみてください!各項目横のショートカット欄をクリックして、実際に登録したいコマンド(shift+キーとか色々)を実際に入力すると登録されますよ。

他にもまだまだ沢山のショートカットがありますので、良く使う機能などをリストアップしてみて覚えられる範囲でショートカットをうまく活用すると作業時間も短くなると思います。使える機能はどんどん使って効率よく作業できるようにしましょう!