キラキラ輝く文字をイラストレーターで作る方法

キラキラ輝く文字をイラストレーターで作る方法
キラキラ輝く文字をイラストレーターで作る方法

なんとなく使えそうだったのでメモもかねて。きらきら文字を作る方法です。文字をただ色変えたりするだけじゃ見た目の工夫にも限度があるので、文字を細かく分解して加工する方法をご紹介します。色々できることが増えると使うのも楽しくなるので、ものは試しでやってみることをおすすめします!ではどうぞー。

1.文字を配置する

ひとまず文字を配置します。色は最初は黒で作ったほうがやりやすいです。

文字を配置する

2.文字をラスタライズする

オブジェクト>ラスタライズを選んでテキストを画像化します。設定でカラーモードをグレースケール、アンチエイリアスを文字に最適を選んでください。

テキストをラスタライズする

3.モザイクにする

ラスタライズをしてテキストを画像にしたら、次にモザイクにします。ラスタライズされたテキストを選んで、オブジェクト>モザイクオブジェクトを作成を選びます。タイルの数によって、ひとつひとつの正方形の大きさが変わってくるので文字の長さなどによって調整してください。タイル数を増やすと細かいモザイクに、少なくするとおおまかな雰囲気になります。ある程度の細かさがないと文字が崩れてしまいますが、好みで決めて良いと思います。

モザイクオブジェクトの設定

設定したあとはこのようになります。

モザイクオブジェクト設定後のデータ

4.必要のない白い正方形を削除する

設定後はグループ化されているので、オブジェクトを選んだあとにグループ解除をしてください。文字の周りも正方形のオブジェクトがタイル状に並んでいるので、その部分だけ削除します。どこでも良いので白い正方形を選んだあとに、選択>共通>カラー(塗り)を選んで同じ白い正方形を選びます。その後選んだオブジェクトを削除してください。

白いオブジェクトの削除

5.全てのオブジェクトと同じ色にする

部分的にグレーや白っぽい色になったオブジェクトがあるので、全てのオブジェクトを選んで希望の色に変更して色を統一します。

全てのオブジェクトを選んで色を変更します

6.正方形を円に変換する

このテキストは正方形が並んでできているので、それぞれの正方形を円に変形します。全てのオブジェクトを選んで、効果>形状に変換>楕円形を選びます。設定画面では好みの大きさに設定してください。

正方形を円に変換

変換するとこのように、正方形が円になります。

正方形が円になりました。

7.円を光の形にする

正方形が円形になったら、この円を光の形に変形させます。同じように全てのオブジェクトを選んで、効果>パスの変形>パンク・膨張を選びます。設定画面が出たら、収縮の方向にバーを動かすと光のような形に変形します。

円を光の形にする

8.輝きを出すために、光彩の効果をつける

さらにボヤッと光っているような雰囲気を出すために、効果を付けます。全てのオブジェクトを選んだら、効果>スタイライズ>光彩(外側)を選び、光彩の色を白などの明るい色(もしくは文字色と同じ色)を選んで設定すれば完成です。

光彩の効果をつける

おまけ

ちなみに、丸に変形せずに正方形から効果>パスの変形>パンク・膨張をすれば(6を除外するやり方)だと光の形が変わります。

正方形から収縮させた結果

他にもシルエットデザインにも使うとイルミネーションのような雰囲気に。

シルエットデザインにも使えます

上のトナカイのようにデザインがちょっと細かい場合は、モザイクも細かくしたほうが形状が保たれます。ひとつひとつの正方形が大きいとどうしても形が崩れてしまってバランスが悪くなってしまいますね。

寒い時期はイルミネーションも多いので、この時期に似合うデザインだと思います。気になる方はぜひ一度試してみてください:)それではー!!

関連記事を読む

キラキラ輝く文字をイラストレーターで作る方法

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]