Illustratorのグランジ加工で文字やアイコンをかすれさせる方法

Illustratorのグランジ加工で文字やアイコンをかすれさせる方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 903

    follow us in feedly

デザインでは「グランジ」というと、かすれや汚れのある表現として呼ばれています。

ハンドメイドのものが人気になってきている影響か、このグランジの表現がデザインでは見かけることも多くなってきましたね。ちょっとかすれた表現があるだけでも、ワンランク上のデザインに仕上げることができるので覚えると便利です。

今回はクリッピングマスクと不透明マスク、2種類の方法で文字やアイコンをかすれさせる方法をご紹介したいと思います。あまり手間もかからず簡単なのでおすすめです!

Photoshopの場合の方法も他の記事で紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

Photoshopでスタンプのようなかすれた表現をカンタンに作る方法

スポンサーリンク

クリッピングマスクでグランジ加工する場合

かすれさせたい要素を配置する

まずは文字やアイコンなど、グランジ加工をしたいオブジェクトを配置します。

今回はサンプルとしてテキストに加工してみたいと思います。安定のハッピーバースデー。

かすれさせたいテキストを配置

ブラシ(チョーク)を選んで線をつくる

ブラシを選んだら、ブラシメニューからブラシライブラリを開く>アート>アート_木炭・鉛筆「チョーク」を選びます。

これは別にチョーク限定というわけじゃないので、他のブラシを選んで試してもらっても全然OKです。

ブラシの設定が終わったら、線の色を変えてどの色にしたいかを決めます。ここまで終わったら文字の上に、左右に大きく動かしながら、かすれた線を作っていきます。

なるべくスカスカにならないように、ある程度線を重ねるのがポイントです。かすれすぎると最終的に作った時に文字が認識しづらいです。

文字の上に線を描く

文字を作った線の上に配置を変える

レイヤー画面で文字を選んで、一番上に配置を変更します。

もちろん最初から文字が上にくるようなレイヤー構造にしてもらってもいいですよ。

文字を線の上に移動する

 

クリッピングマスクを適用する

線も含めてオブジェクトを全て選んで、クリッピングマスクをかけます。クリッピングマスクはオブジェクト>クリッピングマスク>作成からできます。

クリッピングマスクを適用する

クリッピングマスクをかけると、文字の部分だけが残ってかすれた表現になりました!

使うブラシによってまたかすれ具合も変わってきますので、色々試してみてください。

文字だけとかの単純な場合はクリッピングマスクでも出来ますが、他のものになると結構面倒になるのでもうひとつの不透明マスクを使った方法もご紹介します。

不透明マスクでグランジ加工する場合

かすれさせたい要素を配置する

アイコンやイラストなどを配置します。今回ははんこっぽくクリスマス向けの素材を使ってみます。

かすれさせたい要素を配置する

不透明マスクをかける

オブジェクトを選んだら、透明パネルのメニューから「マスク作成」を選びます。

透明パネルのメニューから「マスク作成」を選びます

設定内容を確認

「マスク作成」を選んだあとは、オブジェクトが透明になり透明パネルの中の「クリップ」にチェックが入ることを確認します。

オブジェクトが透明になり透明パネルの中の「クリップ」にチェックが入ることを確認

マスクをクリックして、白い色のブラシを設定する

透明パネルのマスク(トナカイの絵の右側の黒い部分)をクリックして、ブラシをチョーク(線色は白)にしてオブジェクトの上でなぞります

ブラシはチョークでなくても大丈夫ですが、線の幅が大きいブラシのほうがやりやすいです。ここではチョーク(落書き)でやってみました。

ブラシをチョーク(線色は白)にしてオブジェクトの上でなぞります

なぞったところが見えて、かすれを表現できる

白のブラシで描いた部分が見えるようになるので、かすれた表現ができます。

見えない部分が多いと、文字やデザインが分かりづらいのである程度白いブラシで描き重ねた方が良いと思います。

白くなぞったところが見えるようになる

不透明マスクのほうがやりやすいと思いますが、両方試してみてまずは慣れてみるのがおすすめです。

この表現を覚えると、かすれたグランジの表現も簡単に加工することができるのでぜひ試してみてください!

▼Photoshopで写真をヴィンテージ加工する方法も別記事で紹介

Photoshopで写真をヴィンテージ感のあるレトロな雰囲気に加工する方法

スポンサーリンク