イラストレーターのライブペイント機能が便利という話。

イラストレーターのライブペイント機能が便利という話。
イラストレーターのライブペイント機能が便利という話。

CS2から新機能としてついているので、もう使っている人も多いと思いますけど「ライブペイント機能って色々使えて便利だよー!」という意味も込めてご紹介します。個人的には操作も簡単なのでよく使っている機能の1つです。

ちなみにライブペイント機能は、パスで囲まれた部分に着色することができる「windowsのペイント」みたいな色塗りが出来る機能のことです。windows使ったことがある人ならなんとなくわかるはずですので、ぜひ使ってみてください。

どんな風に使うの?

例として、こんなものを作ってみたいと思います。文字にステンドグラスのような配色をしてみました。

文字にステンドグラスのような配色

実際に作ってみましょう。

やってることは全然大したことないので、実際に作ってみますね。とりあえず好きなフォントを選んで、文字を入力します。今回の場合は太さがあるものを選んだほうが、やりやすいと思います。ちょっと文字変えてやってみますね。

好きな文字を入力する

次に、入力した文字をアウトライン化します。文字を選択したら、書式>アウトラインを作成でできるのでやってみてください。ライブペイント機能はパスに対してできるので、文字もアウトライン化しておかないと使えません。

フォントをアウトライン化する。

フォントをアウトライン化したら、その上に直線で線を引いてください。ライブペイント機能で色を分ける部分の線になるので、あまり細かくしすぎると着色が面倒になるので最初はおおまかでいいと思います。線の色は分かる色であれば何色でも良いと思います。

フォントの上に直線で線を引く

線を引いたら、フォントを線を全て選びます。

フォントと線を全て選ぶ

選び終わったら、ライブペイントツールを選んで、フォント上で好きなように着色してください。クリックすると、ライブペイントの対象となるので塗りつぶし感覚で着色できます。

ライブペイントツールを選ぶ。 フォント上で着色します。

最後に線の色をなしに設定すれば完成です。

線の色をなしにして、完成です。

ちなみに、このままだとフォントの上に引いた線などが(色はなくても)残ってしまうので、オブジェクト>ライブペイント>拡張を選ぶと、余計な線が消えてなおかつ個別に着色部分を選ぶことができます。拡張した時はグループ化されているので、グループ解除するかもしくはダイレクト選択ツールで選んであげてください。

さらにちょっと簡単な加工をしてみる。

ほかにも、一部分だけ光彩(内側)を入れてみたり

光彩を入れてみる。

紙素材を背景に置いて、文字に乗算を設定してなじませてみたりしてもちょっと違った雰囲気になって楽しいですよ。

紙素材と組み合わせてみたり。

※紙素材はPhotoshop VIPさんの記事を参考にしました。

オシャレでつかえる紙テクスチャ、40枚そろえました。

おわりに。

というわけで、簡単にちょっとしたデザイン力のアップができるライブペイント機能についてでした。文字だけじゃなくて色々な使い方ができると思うので、それぞれの使い方を考えてみても良いと思います!

最後まで記事を読んでいただいてありがとうございました!それではー!!

関連記事を読む

イラストレーターのライブペイント機能が便利という話。

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]