今月発売されたMdN7月号は、Webに関する特集が書かれていたので気になって買ってみました。

2012年からはじめるWebデザイン

テーマとしてでっかく「2012年からはじめるWebデザイン」と書かれていますね。今までWebデザインに手をつけてない人たちをターゲットに、いまのWebデザインではこういった技術が使われていますよ、という橋渡しのような内容になっておりました。

今回の表紙はタラジロウさんという方が手掛けたそうです。右側に写っているかえるのコスチュームのおじさんが、中でも何度も登場してきますよ。

本の中身と感想について

内容としては、印刷物とWebデザインの違いや、HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語の大まかな説明が分かりやすく書かれていました。

その他Photoshopを使ったWeb制作の工程や、IllustratorをWeb制作に活用する方法など、一見初歩的な情報が多くあるように見えて細かく読んでいくと知らなかった発見も色々あったので、とても役立ちました。

何度も拝見したことがある、stocker.jpというブログを運営されている方のオブジェクトのピクセルボケを解消する方法サイズ変更による角丸の崩れを防ぐ方法なども、なるほどーと思いました。

雑誌も細かい情報が手に入るので、読んでて楽しいですね。印刷物って内容がきれいにまとまっているので、読んでてスッと入ってきます。

コラージュおもしろそう

Photoshopを使ったコラージュ画像の作り方は、なんだかやってみたくなりました。コラージュって普段全然やらないし、やり方もよく分かっていなかったので。知らないことを色々練習して、できることを増やせたらいいなーと思います。

どーも画像の切り抜きが思うようにきちっとできなくて、ついつい手を付けるのが嫌になってしまいます。練習して慣れていきたいです・・・。

手書きパーツの素材データも付属

付属CD-ROMにはポップな落書き風パーツの素材データが入っていたので、なんだか得した気分。ちょっとしたおまけってなんか嬉しい、とこういうところは素直に喜んでしまいます。

素材って結構自分でいちから作るのって大変だったりするんですよね。

知らないイラストレーターさんについても知ることができたりと、雑誌ならではの収穫が色々とありました。ネットの中だけで情報を集めるんじゃなくて、雑誌を読んでみるのも楽しいですね。手元に残ってすぐに読めるのが、紙媒体の魅力だと思います。興味のある人は読んでみてください。

Web制作をまだしたことない人や知識がまだ浅い人はとっかかりになると思います!