ゴシック体と明朝体の使い分けについて。それぞれの違いを比べてみました。

ゴシック体と明朝体の使い分けについて。それぞれの違いを比べてみました。

日本語フォントの代表格「ゴシック体」と「明朝体」。最近は色々なフリーフォントも出ているので、バリエーションも豊かで見るだけでも楽しいですよね。

でもこのゴシック体と明朝体、みなさんはどうやって使い分けていますか?見た感じのイメージ?媒体の雰囲気に合わせて?色々な基準があると思いますが、今回は大きさや太さなど、色々な視点で比べてみたいと思います。

使い分けのヒントになれば幸いです!

スポンサーリンク

文字の違いを比べてみる

ではまず、例としてよく使われている小塚ゴシックと小塚明朝で比べてみましょう。ひらがな・カタカナ・漢字でサンプルとして載せてみたいと思います。

小塚ゴシックと小塚明朝の見比べ

見た目の特徴としてはそれぞれこういった特徴があると思いますので、思いつく限りざっとあげてみます。

ゴシック体の特徴

ゴシック体の特徴

ゴシック体は全体的に動きが少なく、統一感がある雰囲気です。また丸みを帯びている印象も受けますね。

明朝体の特徴

明朝体の特徴

筆で書いた字の特徴をそのまま受け継いだのが分かると思いますが、線の太さも強弱があり動きがある印象を受けます。

※ちなみに図の中の装飾のことを専門用語で「ウロコ」と呼ぶようです。洋書体の場合は「セリフ」ですね。

それぞれの文字を重ねてみる

試しに重ねてみると、このように横線や線の終わりに違いが大きくあることが分かります。

重ねてみました。

文字を太くした時の違い

今度はそれぞれの文字を太くしてみたいと思います。

ゴシック体

小塚ゴシックを徐々に太く

ゴシック体は全体的に親近感を感じさせる、子供らしさがあります。太くするごとに、力強く元気な雰囲気が出ました。また線が太くなるにつれて、丸みが強くなったような印象を受けます。

明朝体

小塚明朝を徐々に太く

小塚明朝も同じように太くしてみました。細い線だと大人っぽい洗練された落ち着いた感じ、太い線だと太い部分と細い部分のギャップが大きくなり、少しポップで親近感を感じさせる印象を受けますね。

ひらがなは特に、太くなるにつれて丸みを帯びた感じがします。同じフォントでも太さを変えるだけで、見た目の印象が変わるのがよくわかると思います。

ゴシック体と明朝体、太さの違いを見たところで分かりやすく図にしてみました。

大まかなイメージ・使い分け図

それぞれの文字で受ける印象の違い

一般的に2つの文字から受ける印象をまとめてみると

・強弱や動きのある文字(明朝体や筆文字)は、大人っぽい印象を受けやすい

・強弱や動きの少ない文字(ゴシック体)は、子供っぽい親近感のある印象を受けやすい

・文字が太くなると元気で力強くなる分、明朝体本来の特徴が薄くなる

・文字が細くなると落ち付いた印象を受けるため、親近感のあるゴシック体も少し洗練された印象を受ける。

といった違いがあるのかな、と思いました。

文字の大きさによる違い

また文字の大きさの違いによって、見た目の印象も変わってきます。大きくなるほど、元気で親近感を感じさせやすくなります。逆に落ち着いた感じにしたい場合は小さめの文字にすると良いと思います。

文字の大きさによる違い

長文になるとどちらが良い?

ブログやWebデザインでも文章はたくさん出てきますが、その辺りの使い分けも考えてみます。

長文の場合の使い分け

明朝体の場合は太さに強弱があるので、ゴシック体と比べると読みやすさに劣る印象です。文章の場合、あまり文字サイズが大きくないことが多いので基本はゴシック体のほうが読みやすいです。明朝体を使う場合は、太さを変えて可読性を高めるなどの必要がありますね。

デザインを通して感覚で覚えるのもおすすめ!

フォントの読みやすさや見た目の印象を楽しく勉強するには、Lyric Videoと呼ばれる歌詞だけのプロモーションビデオがあるんですがそれはデザイン性も高いものが多いのでおすすめです。ジャンルとしてはタイポグラフィの世界になりますね。

この記事で紹介しているのは洋楽なので、日本語フォントではないですがフォントの太さや大きさでどういう違いが出るのか、結構参考になりますよ。

洋楽のLyricVideoで見るユニークに動くタイポグラフィデザイン

まとめ

同じ種類の文字でも、大きさや太さを変えるだけで印象ががらりと変わって、見る人に違った印象を与えることができることが分かったと思います。

実際に色々フォントを使ってみたい!という方はフリーフォントをまとめたサイトをこの記事で紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

無料で使える日本語フリーフォント投稿サイト「FONTFREE」が便利

それぞれの文字から受ける印象だけでなく、どちらが読みやすい(可読性)か、またどの太さがちょうどいいか、など文字としての機能性も考えてくるとどういったフォントの使い分けをすればいいか見えてきますね。

ただ、慣れないうちはまずは使ってみて、それぞれの違いをしっかり吸収しつつ自分なりの使い分け、ルール決めをしてみてはどうでしょうか。ヒントになれば幸いです!

スポンサーリンク

SNS・feed登録はこちら