「現場のワークフローで覚えるWebサイト制作教室 高橋のり 著」を読んでみました。

「現場のワークフローで覚えるWebサイト制作教室 高橋のり 著」を読んでみました。

どーもー。という訳で毎日みなさんお仕事お疲れ様です。

最近アマゾンを覗いては、あれ欲しいこれ欲しいと物欲が増殖中の毎日です。いま特に欲しいのがWeb関連の参考書なんです。ほとんどHTMLやCSSなどその他サイト制作の知識は独学で調べてどうにか見につけたので、知識が穴あき状態。ぼんやりとは分かってるんだけど、細かいことは分かってないという中途半端な状態だったので、今後は本なども買って基礎から勉強していこうかなと思っています。さすがに時間とお金の関係で専門学校までは行けないのでー。

という訳でそういうお金は自己投資!と思って読みたいと思った本は定期的に買っていこうと思っています。まだ読んでいない方のためにも、こんな本だったよ!タメになったよ!というものをブログでどんどん紹介できればと。

まず第1弾として購入したのが、最近よく見ている「Webデザインレシピ」のブログを運営されているたかはしのりさんが出版した本『現場のワークフローで覚える Webサイト制作教室』です。

たかはしのりさんのブログ「Webデザインレシピ」

http://webdesignrecipes.com/

webdesignrecipes

とても女性らしい洗練されたブログのデザインですね。空間にもゆとりがあって読みやすいです。さすが仕事でWebデザイナーをされているだけあって凝ってます。ブログの記事も「よくここまでブログで詳しく書けるなぁ」と思うほど、情報が充実していて本を読むのと同等のもの(もしくはそれ以上)が得られると思います。人気が出るのも納得です。

そんなたかはしさんの出版された本「現場のワークフローで覚える Webサイト制作教室」ですが中身はこんな内容でした。目次一覧をご紹介。

INTRODUCTION Webデザインって何?

Chapter One サイトの設計図をつくる

Chapter Two デザインモックアップをつくる

Chapter Three HTMLのマークアップで気をつけたいこと

Chapter Four CSSで装飾する

Chapter Five jQueryでインタラクション

Chapter Six ソーシャルサービスと連携する

Chapter Seven スマートフォン対応サイト

Chapter Eight WordPressでサイト構築

となっております。目次を見ると分かるように、一通りの内容を網羅しているのが分かりますね。IntroductionのWebデザインって何?という部分の内容ひとつとっても、自分の中ではあいまいだった部分が、はっきりと説明されていてどういう手順でサイト制作をしていけば良いのか、という手順が良く分かりました。ページ数は314ページとなってますが、このページ数の中にそれぞれの内容を基礎知識+一歩踏み込んだところまで細かく書かれているので情報量としては豊富だと感じました。やっぱり本を読むのって、タメになりますね…。

その他HTML5やCSS3、jQueryやスマートフォン対応についてなど今の現場で使われているものが詰まっているので、自分の中でまだ良く分かってない部分の足がかりになると思います。本書でも書かれていましたが、HTMLやCSSがある程度分かっている方向けの本となっているので、基本的なサイト制作は出来るけどそれ以外がちょっと…という人にとってはとても有益な本だと思います。基礎が少し分かっただけでも、「ちょっとjQueryとか勉強してみようかな」といったやる気も出させてくれます。

自分と同じようにまだまだ勉強中の方にはぜひおすすめしたい1冊です。

関連記事を読む

「現場のワークフローで覚えるWebサイト制作教室 高橋のり 著」を読んでみました。

シェア・feed登録もどーぞ!

オンラインでWebの勉強ができるTech Academy

独学で勉強すると細かい部分が分からなかったり、一体何を覚えたらいいのか迷ったりませんか? Tech Academyなら、オンラインスクールだから場所を選ばずWebやプログラミングの勉強ができます。【無料の動画説明会】を一度ご覧ください!

TechAcademy [テックアカデミー]